このページの本文へ

Windows 10のゲーム体験を紹介するイベント『Windows 10 Game Day』が開催

時間を遡ってゲーム動画が撮れる!? Windows 10をゲームでアピール

2015年11月27日 21時27分更新

文● 松野/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
Windows 10によるゲーム体験のイベント『Windows 10 Game Day』が開催中

 日本マイクロソフトは11月27日、Windows 10搭載デバイスやXbox Oneによるゲーム体験を紹介するイベント『Windows 10 Game Day』開催にあたり、プレス向けのセッションを実施した。会場は東京・秋葉原の『UDX THEATER』。

日本マイクロソフト 執行役 コンシューマ&パートナーグループ ゼネラルマネージャーの高橋美波氏

 セッションには、日本マイクロソフト 執行役 コンシューマ&パートナーグループ ゼネラルマネージャーの高橋美波氏が登壇。Windows 10におけるゲーム体験について「近年のPCゲーミングは、CPUやGPU、ストレージの高速化に伴うパフォーマンスの向上により、4K品質の高画質な映像処理が可能になっている。同時に、DirectX 12のような新たなAPIに対応していくことで、グラフィック性能の向上、ゲーム体験の臨場感を高められるのも魅力。マルチチャンネルサラウンドへの対応、Game DVRによるゲーム動画配信など、Windows 10のゲーミングはコンシューマーハードに負けない魅力があるのではないか」と自信を見せる。

Windows 10デバイスによるXbox Oneのストリーミングのデモ
標準録画機能のほか、最大10分まで遡ってプレイ動画を保存できるバックグラウンド録画機能も披露。不意のスーパープレイなども逃さず録画できるのは魅力

 また、Windows本部 シニア プロダクト マネージャーの春日井良隆氏によるデモも実施。Xbox OneのゲームをWjndows 10デバイス上でプレイできるストリーミング機能を中心に、ゲーム画面の録画・シーンカット機能や、ショートカットキーを押した時点から最大10分まで遡って録画するバックグラウンド録画機能などを披露した。

 Xbox連携以外の主な機能として、11月のアップデートにより日本語版が利用可能になったパーソナルアシスタント『Cortana』によるゲームの起動、『Microsoft Edge』でXboxのゲームパッドが使用できるAPIなど、Windows 10のPCゲーミングへのコミットをアピールした。

Windows 10搭載ゲーミングPCを販売する4メーカーの代表者も登場
コーエーテクモゲームス 『三國志13』プロデューサーの鈴木亮浩氏も登壇。Windowsが30周年を迎えていることにちなみ、「『三國志』シリーズも30周年」と歴史の長さをアピールした

 セッションの最後には、Windows 10搭載ゲーミングPCを販売するサードウェーブ、Project White(ツクモ G-GEARシリーズ)、マウスコンピューター、ユニットコムの代表者がそれぞれ登壇し、各社ゲーミングPCの強みについて語った。また、Windows 10対応ゲームを制作するメーカーの代表として、コーエーテクモゲームス 『三國志13』プロデューサーの鈴木亮浩氏が登壇。2016年1月28日販売開始予定の『三國志13』など、Windows 10対応タイトルに関する意気込みを語った。

 なお、『Windows 10 Game Day』は、11月27日・28日の二日間、秋葉原のUDXアキバ広場一階で実施。Windows 10のゲームを体験できるタッチ&トライコーナーや、Windows 10とゲームについて語るステージイベントも実施される。28日のステージイベントには、週刊アスキー副編集長の加來晋治郎が登壇し、Windows 10搭載のゲームPCについて大いに語る予定だ。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ