このページの本文へ

ASUSの日本未発売モデルをオリオの極冷OCイベントで見た

2015年11月28日 22時11分更新

文● 北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 オリオスペックのイベントスペースで、オーバークロッカーの清水貴裕氏による「日本未発売マザーボード&ビデオカード 極冷オーバークロックイベント」が開催された。

 この日本未発売マザーボード&ビデオカードとはいったいなんなのか? イベントに突撃し製品を見てきた。

オリオスペックで開催された「日本未発売マザーボード&ビデオカード 極冷オーバークロックイベント」

日本未発売のマザーボードの正体は、Z170チップセット搭載のASUS製「MAXIMUS VIII EXTREME」。オーバークロック用電源回路「Extreme Engine Digi+」を採用し、液体窒素使用時などの極端な低温度下でもCPUを起動可能にするLN2モードを搭載するなど、オーバークロック向けの機能が満載されている。国内での価格は8万円前後になるはずだ

日本未発売のビデオカードの正体はGeForce 980 Tiを搭載するASUS製「ROG MATRIX 980 Ti Platinum edition」

電源は8ピン×2。GPU周辺が黒いのは、結露対策として防水処理を清水氏が施したからだ。ヒートパイプは5本で、最初から黒く塗られている。ヒートパイプとフィンは清水氏が塗ったわけではない

清水氏が入手した貴重なメモリーも披露してくれた。「Kingston HyperX 3466C16」のエンジニアサンプルで、Rambus & Satoshiと書かれている。Satoshiって誰? スペックはDDR4-3466 CL16。チップはSK Hynixの「H5AN4G8NAFR」が載っていた

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中