このページの本文へ

アスキースマホ総研 第63回

オクタコアにWQHD、USB Type-C、スマホの最新キーワードがこれでわかる!

2015年11月17日 11時00分更新

文● アスキースマホ総研

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

スマホ最新キーワード その4【Quick Charge 2.0】

カリー これはわかりました! 充電が早くなるんでしょ!

スピーディー さすがに読んで字のごとくだしな。で、どこがこのQuick Chargeという規格を作ったか知ってる?

カリー うーん。全然想像がつかない。

スピーディー 実はスマホのCPUでおなじみのクアルコム。だから、Snapdragonを採用している最新のスマホだと多くが対応している。

Quick Chargeはスマホ用CPUの開発で知られるクアルコムが提唱している

QC 2.0対応のスマホとACアダプターを組み合わせれば
急速充電が可能になる キャリアの純正オプションもあり

カリー スマホ側はすでに対応しているのかー。では、どんな充電器ならばQuick Charge 2.0での高速充電が可能なのですか?

ネット上にはQuick Charge対応をうたうACアダプターが販売されている

ドロイド Quick Charge 2.0認定と書かれたACアダプターがすでに市場に出回っているので、これらの製品で利用できます。それからキャリアの純正オプションでもあります。たとえばドコモは「急速充電2」という名称を用いていますが、実際の中身はQuick Charge 2.0のことなんですよ。

スマホ上からもQuick Chargeによる急速充電が行なわれていることがわかる

 また、auだと「共通ACアダプタ05」という対応オプションが用意されています。これの紹介ページを見に行けば、どの端末が高速充電が可能かわかりますね。

カリー そうなのかー。

キャリアの純正オプションとしても用意されている。auの「共通ACアダプタ05」の場合、価格も2000円弱。結構お手頃だ

ドロイド Quick Charge 2.0対応のACアダプターやスマホは機器内に認証のシステムがあって、お互い対応する機器同士の場合だけ、本来のUSBの5Vより高い、9Vや12Vで充電をするんです。実際にバッテリーに供給される電圧は4.2Vなので、一旦端末内で降圧するんですけどね。バッテリー残量が少ない状態からなら数十%程度、充電時間が短縮されるとのことです。

バッテリー容量が2600mAhのGalaxy S6 edgeで、残量5%の状態から30分充電した後の結果。通常の5V/2AのACアダプターでは41%アップしたのに対し、Quick Charge 2.0対応アダプター(9V/2A)では56%アップ。大体30%くらいの高速化が期待できそうだ

スピーディー 充電速度が気になる人は自分のスマホが対応しているか確認して、対応のACアダプターを買うといいんじゃないかな。キャリアの純正オプションだと確実に動くだろうし。

スマホ最新キーワード その5【MIL規格対応】

カリー MIL規格対応と言えば、タフネススマホ好きでおなじみの自分が一番得意とするジャンルです!

タフネススマホのTORQUEが大好きなカリーさん。今年の夏は海に沈めに行くということまでやった

スピーディー じゃあ詳しくMIL規格について教えてください。

カリー MIL規格なら、硬い! 頑丈!

MIL規格準拠をうたう製品は徐々に増えている

ドロイド だから、MIL規格ってなんなのかを聞いているんですよ。

カリー アメリカのなんかの硬さを示す規格? ……わかりましたよ。またまたまたググりパワーを発揮しますよ! 「米国防総省の規格で、米軍が物資を調達するときにはこの規格をクリアしている必要がある」とのことです。

MIL規格対応なら頑丈……というのは間違いないが、
どの項目に対応しているかは要チェック

ドロイド 米国防総省のサイトに行くと見ることができますが、米軍に納入する物資のための耐久性試験のガイドラインがあるんです。この文書の最新版が「MIL-STD-810G」というものです。英語だし、800ページもあるんで、流し読みしただけなんですが、あらゆる過酷な局面を想定して、クリアすべきテストの方法や手順などが、すごく簡潔かつ理論的に書かれています。

米軍の装備品となると、あらゆる環境での確実な動作が必要。MIL-STD-810Gは具体的な記述でクリアすべきテスト内容が書かれている

カリー つまりMIL規格対応のスマホというのは、そのガイドラインに従った耐久テストをクリアしていると。だから頑丈というわけなんですね!

ドロイド ただ、文書内には「Low Pressure」(低圧)、「High Temperature」(高温)、「Sand and Dust」(砂塵)といった感じでたくさんの項目があります。だから、MIL規格対応といっても、どの項目に対応しているかもチェックする必要があるかと。

スピーディー たとえば夏スマホのau「TORQUE G02」だと、MIL規格の耐久試験19項目に、耐海水と耐荷重は独自試験でクリアで、さらにそれぞれのテスト内容も書かれている。冬スマホのドコモ「arrows Fit」では14項目。

TORQUE G02はこんなにたくさんの試験をクリアしている

カリー TORQUEのサイトを見に行きましたが、なんだかすごいですね。小学生の頃の超多機能筆箱を思い出しました! 筆箱なのに20以上機能があるというやつ。MIL規格の超多機能筆箱があるといいと思いませんか? 「象が踏んでも壊れない」ってキャッチフレーズで。

平成生まれ、それどころか80年代生まれの読者にもわからないかもしれないが、スマホ総研の3人が小学生の頃は、こんな高機能筆箱がはやっていたのだ

スピーディー それはさらに世代が違う気がするな……。


(次ページでは、「まとめと恒例の4コマ」)

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン