このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

PCパーツ人気ランキング&店員も欲しがる旬なパーツ(8月28日~9月28日)

【売上ランキング】CPU「Skylake」の売れ筋をチェック

2015年09月30日 20時30分更新

文● 藤田 忠 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
パーツストリート
PCパーツの売れ筋ランキングと、店員オススメのパーツを隔週で掲載する

 毎週、新製品が登場するアキバのPCパーツショップ。そんなPCパーツの売れ筋ランキングと、日々パーツに接しているPCパーツショップ店員が自信を持ってオススメする旬なパーツを掲載する本コーナー。
 売れ筋ランキングは、CPU、メモリー、マザーボード、 HDD/SSD、ビデオカードといった主幹パーツからケースファンといった小物まで、旬なパーツを隔週で掲載していく。

どこを重視するか選べる第6世代Coreプロセッサー

 Core i5シリーズやTDP 35Wの省電力モデルが登場したことで、予算と用途で選べるようになった第6世代Coreプロセッサー。

 LGA 1150の第4世代と比べると1万円台のお手ごろ価格となるCore i3やPentiumの第6世代は、バルク品の省電力モデルしか登場していないため、ラインアップは少ないが、Skylakeの販売解禁から約2ヵ月、下位モデルやH170搭載マザーボードの登場からも約1ヵ月経ち、売れ筋モデルは明確になってきている。

 すでに大型連休のシルバーウィークを使って、LGA 1151プラットフォームで新調した人も多いと思うが、今回はCPUの売れ筋をチェックすることにした。ランキングの集計期間は1ヵ月で、集計は前回のマザーボードと同じくBUY MORE秋葉原本店にお願いしている。

BUY MORE秋葉原本店

【取材協力】

トップは最上位の6700Kでキマリ

第6世代CoreプロセッサーSkylake 集計期間 8月28日~9月28日 BUY MORE秋葉原本店
順位 製品名 実売価格
1位 Intel「Core i7-6700K」
(LGA1151/4コア/8スレッド/定格4.0GHz/TurboBoost4.2GHz/TDP 91W)
4万9980円
2位 Intel「Core i7-6700T(バルク)」
(LGA1151/4コア/8スレッド/定格2.8GHz/TurboBoost3.6GHz/TDP 35W)
4万3480円
3位 Intel「Core i5-6600T(バルク)」
(LGA1151/4コア/4スレッド/定格2.7GHz/TurboBoost3.5GHz/TDP 35W)
2万9580円
4位 Intel「Core i5-6500」
(LGA1151/4コア/4スレッド/定格3.2GHz/TurboBoost3.6GHz/TDP 65W)
2万8180円
5位 Intel「Core i5-6500T(バルク)」
(LGA1151/4コア/4スレッド/定格2.5GHz/TurboBoost3.1GHz/TDP 35W)
2万6580円
6位 Intel「Xeon E5-E5-2620 v3」
(LGA2011v3/6コア/12スレッド/定格2.4GHz/TurboBoost3.2GHz/TDP 85W)
5万6180円
7位 Intel「Core i7-6700」
(LGA1151/4コア/8スレッド/定格3.4GHz/TurboBoost4.0GHz/TDP 65W)
4万4700円
8位 Intel「Core i3-4170T(バルク)」
(LGA1150/2コア/4スレッド/定格3.2GHz/TDP 35W)
1万5680円
9位 Intel「Core i5-6600」
(LGA1151/4コア/4スレッド/定格3.3GHz/TurboBoost3.9GHz/TDP 65W)
3万1180円
10位 Intel「Core i7-4790S」
(LGA1150/4コア/8スレッド/定格3.2GHz/TurboBoost4.0GHz/TDP 65W)
4万280円

 最上位が“鉄板”という法則は変わらず、「Core i7-6700K」がトップにランクイン。インテルのメインストリーム向けCPUとしては、高額な5万円近い価格だが、LGA 1151対応CPU最高峰のパフォーマンスという魅力には抗えないところだろう。

1位の「Core i7-6700K」。CPUクーラーが付属せず、TDPは91Wと高い。冷却性能の高いCPUクーラーの購入がマストだ

 そのほかは、さすが自作初心者からサーバーや3D CAD用途などまで、幅広い用途のPCパーツを扱うBUY MORE秋葉原店だけあって、省電力モデルの“T”型番やXeonがランクインしている。なかでも、第6世代の“T”型番は全4モデル中(Core i3/Pentium除き)3モデルがランクインと人気に。

 BUY MORE秋葉原本店のスタッフによると「第6世代の省電力モデルはTDPが35Wの割に、最大クロックがあまり落ちていないのがいいですね。とくに2位のCore i7-6700Tは4コア/3.4GHz動作(1コア/3.6GHz)で、TDPが35Wと低いですから、性能も欲しいけど、消費電力や発熱を抑えたいという人には最適でしょう」とのこと。

 なお、TurboBoostの動作クロックはCore i7はこちら、Core i5はこちらで確認できる。

 “T”型番はバルク品のため、通信販売はもちろん、秋葉原のPCパーツショップでも取り扱いが少なかったりする。そんななか、BUY MORE秋葉原本店では、ひと通りのモデルを扱っているのもランクインしている要因だろう。

BUY MORE秋葉原本店では10モデルの第6世代を取り扱っている。Core i7/i5の“T”モデルも網羅しているので、省電力モデル狙いの人は、まず同店をチェック

 そのほか第6世代Coreは、価格と性能のバランスがいい「Core i5-6500」やそれぞれCore i7とi5の最上位モデルに次ぐスペックとなる「Core i7-6700」と「Core i5-6600」がランクイン。売れ筋の傾向は第4世代と同じ感じで、この辺りが第6世代Coreの定番となりそうだ。

(→次ページヘ続く 「ショップに聞いた今週のオススメパーツ」)

前へ 1 2 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中