このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

PCパーツ人気ランキング&店員も欲しがる旬なパーツ(6月26日~7月26日)

【売上ランキング】夏本番!! CPUクーラー&グリスで冷却強化

2015年07月29日 18時00分更新

文● 藤田 忠 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
パーツストリート
PCパーツの売れ筋ランキングと、店員オススメのパーツを隔週で掲載する

 毎週、新製品が登場するアキバのPCパーツショップ。そんなPCパーツの売れ筋ランキングと、日々パーツに接しているPCパーツショップ店員が自信を持ってオススメする旬なパーツを掲載する本コーナー。
 売れ筋ランキングは、CPU、メモリー、マザーボード、 HDD/SSD、ビデオカードといった主幹パーツからケースファンといった小物まで、旬なパーツを隔週で掲載していく。

必須ではないが安定、静音性の向上につながる
CPUクーラー

 CPUに付属するものでも十分足りるが、PCケースサイズやパーツ構成によっては交換したほうが、安定動作や静音性が向上するCPUクーラー。自作PCパーツショップのCPUクーラーコーナーには、ヒートシンクやファンサイズなどが違う多くの製品が並んでおり、価格も3000円程度から1万円近いものまで目移り必至になっている。

 毎年、数多くの新製品が登場しているが、目新しい仕組みを採用し、劇的に冷却性能が向上することは少ない。さらに、CPUのプラットフォームが変わってもCPUクーラーの固定部分は同じのため、AMからインテル、LGA1150から2011v3など、プラットフォームを変更した場合でもほぼ買い替えは不要と、PCパーツとしては長~く使い続けられるジャンルになっている。

TSUKUMO eX.

 今回はそんなCPUクーラーに加えて、さらなる冷却性能の向上を目指す際に必要となるグリスの売れ筋をチェックすることにした。ランキングはツクモに協力をお願いし、通販を含めたツクモ全店の1ヵ月間で集計してもらった。

【取材協力】

サイズとCoolerMaster製の
定番クーラーがほぼ独占

水冷ランキング 集計期間 6月26日~7月26日 ツクモ全店
順位 製品名 実売価格
1位 サイズ「虎徹(SCKTT-1000)」
(サイドフロー、120mmファン)
4298円
2位 サイズ「阿修羅(SCASR-1000)」
(サイドフロー、140mmファン)
5918円
3位 Cooler Master「Hyper TX3 EVO(RR-TX3E-28PK-J1)」
(サイドフロー、92mmファン)
3785円
4位 サイズ「兜2(SCKBT-2000)」
(トップフロー、120mmファン)
5054円
5位 Cooler Master「Hyper 212 EVO(RR-212E-20PK-J1)」
(サイドフロー、120mmファン)
5122円
6位 Cooler Master「風神スリム(RR-GMM4-16PK-J1)」
(トップフロー、120mmファン)
5122円
7位 サイズ「Shuriken Rev.B(SCSK-1100)」
(トップフロー、100mmファン)
3991円
8位 Cooler Master「Hyper 103(RR-H103-22PB-J1)」
(サイドフロー、92mmファン)
4608円
9位 Cooler Master「Seidon 120V(RL-S12V-24PK-J1)」
(簡易水冷クーラー、120mmラジエーター)
6458円
10位 CRYORIG「H5 UNIVERSAL」
(サイドフロー、140mmファン)
7020円

 トップ10にCPUクーラーの定番メーカーと言えるサイズが4製品、CoolerMasterが5製品ランクインする結果になっている。

 「サイズとCoolerMasterは、3000~5000円前後の手ごろな価格の製品が多く、ヒートシンクの高さやトップフロー式、サイドフロー式を選べるので、売れ筋になっています。1位、2位のサイズ『虎徹(SCKTT-1000)』と『阿修羅(SCASR-1000)』は、手ごろな価格でそこそこ冷え、取り付けも比較的簡単とあって売れてます」

1位にランクインしたサイズ「虎徹(SCKTT-1000)」。120mmサイズのファンを備えるサイドフロータイプで、LGA2011/LGA1150/LGA1155/LGA1156、SocketAM2/AM2+/AM3/AM3+/FM1/FM2などに対応

 「3位のCooler Master『Hyper TX3 EVO(RR-TX3E-28PK-J1)』は、インテル純正CPUクーラーと同じ、プッシュピンタイプなので、ササッと純正クーラーから交換したい人が選ばれます。最近はバックプレートタイプもかなり組みやすくなっていますが、プッシュピンタイプならマザーボードをPCケースに組み込んだ状態で交換できますからね」とのこと。

(→次ページヘ続く 「グリスのランキング」)

前へ 1 2 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中