このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

PCパーツ人気ランキング&店員も欲しがる旬なパーツ(1月8日~7月7日)

【売上ランキング】Skylakeに備える!? 本格水冷をチェック

2015年07月08日 21時00分更新

文● 藤田 忠 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
パーツストリート
PCパーツの売れ筋ランキングと、店員オススメのパーツを隔週で掲載する

 毎週、新製品が登場するアキバのPCパーツショップ。そんなPCパーツの売れ筋ランキングと、日々パーツに接しているPCパーツショップ店員が自信を持ってオススメする旬なパーツを掲載する本コーナー。
 売れ筋ランキングは、CPU、メモリー、マザーボード、 HDD/SSD、ビデオカードといった主幹パーツからケースファンといった小物まで、旬なパーツを隔週で掲載していく。

簡易水冷では物足りない人が続出か!?

 2004年ごろからにブームになった水冷システム。高発熱な「Pentium 4」を、ほぼ無音に冷却できるとあって、大人気になったZALMANの青い巨塔こと「Reserator 1」など、さまざまな水冷キットが登場した。

 数年後にブームは下火になったが、水枕とチューブの接続や冷却水の補充などが不要なメンテナンスフリーな水冷キット(簡易水冷)の登場とともに復活。導入の容易さと高い冷却性能で大人気になった。

 現在も多数の簡易水冷キットがパーツショップには並んでいるが、一時期のようなハイエンドPCやオーバークロック=簡易水冷という構成は、下火になっている。

3万円近い価格ながら飛ぶように売れたZALMANの水冷キット「Resarater 1」。ファンを備えず、自然冷却で冷却水を冷やす仕組み(冬のベランダに出すとか、クーラーの前に置くとか、いろいろ楽しめた!!)。今でもオークションにジャンク品が出品され、落札されている

 ただ、本格水冷を古くから扱っているオリオスペックでは、簡易水冷よりも導入コストや水漏れなどのリスクは上がるものの、CPUに加えて、高発熱なハイエンドビデオカードの冷却も可能とあって、簡易水冷から本格水冷に移行する人や、はじめから本格水冷を導入する人が増えているという声も。

オリオスペック

 というわけで、今回のランキングはオリオスペックで扱っているCPU水枕やラジエーター、ポンプ、リザーバータンク、各種フィッティングといった本格水冷の導入に必要なものがセットになっている本格水冷キットの売れ筋を聞いてみた。

【取材協力】

多くの水冷キットを手がけてきた
Thermaltakeがトップ

水冷ランキング 集計期間 約半年間 オリオスペック
順位 製品名 実売価格
1位 Thermaltake「Pacific RL240 Water Cooling Kit」
(CL-W063-CA00BL-A)
3万8664円
2位 EK WaterBlocks「EK-KIT X360」 5万7958円
3位 XSPC「RayStorm 420 EX360 WaterCooling Kit」 2万7477円
4位 KOOLANCE「EX2-1055 (Exos-2.5) Liquid Cooling System, Rev1.1」 6万4584円
5位 XSPC「D5 EX360 WaterCooling Kit」 4万2984円

 ランキングトップはPCケースや空冷クーラーでおなじみのThermaltake製「Pacific RL240 Water Cooling Kit」だ。Thermaltakeは、KOOLANCEやaquacomputerといった水冷パーツメーカー以外では、水冷ブーム以降も本格水冷キット販売を続けていた唯一のメーカーだったりする。そんなThermaltakeが、2015年1月末から発売を開始した水冷キットが1位となった。

Thermaltake「Pacific RL240 Water Cooling Kit」。冷却水もセットになっており、同キットを購入するだけで、本格水冷を導入できる

 「Thermaltakeは、やはりPC自作を行なっている人たちに名前が知れているので、選ばれる方が多い感じですね。ポンプの揚程や流量に定評ある“D5”を採用している点や、リザーバータンクが筒型なのも選ばれる理由です。最近、5インチベイの数か少ないPCケースが増えているので、筒型リザーバータンクは、キットだけでなく、単体でも人気があります。

 2位、3位は360mmの大型ラジエーターなので、ビデオカードやマザーボード(チップセット)も、後々水冷化したいといった人が選ばれます。あと、XSPCのキットは2万5000円前後(RayStorm 420 EX240 WaterCooling Kit)からあるので、簡易水冷を考えていた人が購入することが多いかな」とのこと。

2位にランクインした360mmラジエーター採用のEK WaterBlocks「EK-KIT X360」。人気のあるEK WaterBlocks製品でそろえられるほかのメーカーに比べて手ごろな価格で導入できるXSPCの「RayStorm 420 EX360 WaterCooling Kit」。なお、写真と実際のセットはフィッティングが違っているので注意

 ちなみに「単体で各種パーツをそろえるよりもキットのほうが安価になっている」とのことなので、本格水冷を考えている人はキットで導入し、後々、好みのパーツに変えていくのがいいだろう。なお、PC自作と同じように自由に組み合わせられる本格水冷パーツで最近人気なのは「水枕はEK WaterBlocks、フィッティングなどのアクセサリーはBitspowerです」とのことだ。

アメリカの水冷パーツメーカーKOOLANCEの外付け水冷システム「EX2-1055 (Exos-2.5) Liquid Cooling System, Rev1.1」。PC自作ではなく、大学や企業がPC以外の冷却に購入することが多いとかポンプに定番の「D5」、5インチベイ×2占有のポンプ内蔵リザーバータンク、35.5mmの薄型360mmラジエーターを採用するXSPC「D5 EX360 WaterCooling Kit」

 注目の集まっているインテルの次世代デスクトップ向けCPUの「Skylake」と対応チップセットの「Intel 100」シリーズだが、業界関係者からは結構発熱するという声も。Skylakeとともに本格水冷にチャレンジするのもありかも。

(→次ページヘ続く 「あの「Noctua」製品が価格改定!!」)

前へ 1 2 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中