このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

マイクロソフト革新の象徴、Windows 10を知る第3回

量販店によって対応は様々

どこがお得?Windows 10アップグレードの量販店サポート状況

2015年08月02日 12時00分更新

文● 松野/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
 

 7月29日にリリースされた、マイクロソフトの最新OS「Windows 10」特集。第3回は、ヨドバシカメラなどの国内量販店におけるWindows 10無料アップグレードのサポート対応について解説する。

 マイクロソフトは今回の無料アップグレード提供にあたり、世界中の主要小売店と協力してアップグレードを支援する「Windows 10 アップグレード プログラム」を展開している。日本国内では、エディオン、ケーズホールディングス(ケーズデンキ)、上新電機株式会社(ジョーシン)、ピーシーデポコーポレーション(PC DEPOT)、ビックカメラ、ヤマダ電機、ヨドバシカメラの計7社が、Windows 10アップグレードプログラムを提供中だ。

 とは言えサポート内容、料金などの対応は量販店によってさまざまで、すべての店舗で同じサービスが受けられるわけではない。以下にサポート内容を整理したので、購入とサポート依頼を考えている場合は参考にしてほしい。

PC DEPOTは最大4台無料サポートのクーポンを配布
他店購入製品にも対応

4台までアップグレード無料のクーポンを配布するPC DEPOT。ただし、サポートなどへの加入が必要なので完全無料ではない

 PC DEPOTは「無料アップグレード設定キャンペーン」を展開。店頭・ホームページで取得できる「Windows 10 無償アップグレード設定クーポン」を利用することで、最大4台までのPC・タブレットのアップグレードに無料で対応するとしている。

 アップグレード対応は店頭の「パソコンクリニック」で受け付けており、他店で購入した製品にも対応する。ただしサービスを受けるには、PCデポの技術メニューの利用やサポートサービスへの加入が必要なため、完全無料での提供ではないことに注意が必要。また、作業はPC預かりでの対応となる。

アップグレードマニュアルを配布中のヤマダ電機
サポート対応は有料

アップグレードマニュアルを配布するのはヤマダ電機だけ。代行は有料サポートとなる

 ヤマダ電機は、PCの購入者を対象に「Windows10 アップグレードマニュアル」を配布している。先着30万名限定での配布となるが、とりあえず自分でアップグレードしたいというユーザーの助けになるだろう。

 また、有料のアップグレードサポートにも対応。一般1万円(税別、以下同)、プレミアム会員価格9500円、安心会員価格8000円、ヤマダテクニカルサポート会員価格5000円で、サポートを受けることができるとのこと。

(次ページ、ヨドバシカメラは無料アップグレードサービスを展開

前へ 1 2 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン