このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

マイクロソフト革新の象徴、Windows 10を知る第2回

マイクロソフトの狙いは?

Windows 10で起きる「アップグレードプロセスの変化」

2015年07月31日 15時32分更新

文● 西田宗千佳 編集●ナカムラ/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 編集部から「Windows 10無償提供は成功するか?」というお題でコラムを依頼された。その瞬間に思ったのは、「ああ、マイクロソフトの方策は誤解されているのだな」ということだ。

 Windows 10へのアップグレードについては、Windows7及び8、8.1の利用者は、7月29日からの1年間、無料で提供される。これを「無償化」と考える人が多いのだが、その認識は間違いだ。

 マイクロソフトは、Windows 10をLinuxやAndroidのように無償化したのではない。Windows 10のクリーンインストール用ディスクを作るためのISOファイルは、マイクロソフトから自由にダウンロードできる。しかしインストールする際には「正しいプロダクトキー」の入力を求められる。プロダクトキーは、Windows 10を正しく購入した人しか持っていない。すなわち、Windows 10は従来通り「有料のOS」なのだ。Windows 7・8のユーザーはアップグレードが無料であり、プロダクトキーの入力は求められない。これは、すでにWindowsのライセンスを持っている、とみなされるからである。

 すなわち、大きく変化したのは「アップグレードポリシーとその費用」なのである。


次ページ、「メジャーアップデートがなくなり、常に最新のOSに」に続く


前へ 1 2 3 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン