このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

このスマホ、ホントに買い? 話題のスマホ徹底レビュー 第58回

コンパクト派はマストバイ! 「Xperia A4」の大きさがちょうどいい!

2015年08月01日 12時00分更新

文● 林 佑樹 編集●末岡大祐/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

片手操作派マスト!
ち~さいスマホならXperia A4だ!!

 ドコモ2015夏モデルの多くは、オクタコアを搭載し、かつ5型クラスの大型スマホが目立つラインナップだ。5型クラスが大型かといわれると、今となっては疑問ではあるのだが、逆に姿を消しつつあるのが、4型クラスのスマホである。

小さい端末正義派には、数少ない選択肢であるXperia A4

 夏モデルの中では「Xperia A4 SO-04G」が4.6型のスマホで、片手でなんでも操作したい人や、ポケットに5型を入れておくとデカくて邪魔だという人は、必然的にこの端末に着地するだろう。

 スマホレビュー連載の今回は、そんなXperia A4をチェックしていく。

外観はXperia Z4とは異なる路線に

 Xperia Z4はXperia Zから続くソリッドな雰囲気をキープしているが、Xperia A4は少し丸くなっている。前モデルであるXperia Z3 Compactともやや異なる路線で、どちらかというと、さらに前のモデルである「Xperia A2」と似た雰囲気といえる。

 ディスプレーは4.6型になっており、幅66mmと片手でもラクに指が届くサイズだ。本体の大きさは、66×128×9.1mm、重さが129g。最近の薄型化ブームからすると結構ぶ厚いのだが、バッテリー駆動時間や堅牢性の問題もあるほか、逆に4型クラスで薄すぎると持ちにくくなるため、Xperia Z3 Compactの厚さ8.6mmから0.5mm厚みを増して持ちやすさを重視している。あまり持ち比べを行なえる店舗は多くないが、Xperia Z3 Compactよりもグリップ感が大きく向上したと感じるハズだ。

本体正面。無理にフレーム幅を狭めていない。また、本体上部・下部にスピーカーが用意されている

本体背面。2070万画素アウトカメラとLEDがあるのみ

 本体正面を見ると、4.6型ディスプレー以外にも気になるものがある。上部と下部に用意されたステレオスピーカーだ。大半のスマホはモノラルスピーカーを背面に用意しているが、Xperia Z3以降のXperiaシリーズは、フロントステレオスピーカーを採用している。

 スマホで音楽を聴く場合はヘッドフォンなどを接続するのが主流だが、防水仕様なのでお風呂や水辺で音楽鑑賞する際には、とても便利。

 防水性能はヘッドフォンジャックのみキャップレス防水仕様で、microUSB端子はカバーが付けられる。充電するたびにmicroUSB端子のカバーを開ける必要はあるが、カバーの接続部分は遊びが多く、また360度回転する仕様なので破損しにくそうだ。

 また、Xperia Z4ではなくなってしまった充電用クレードルの接点が用意されているのもXperia A4の特徴で、充電用の変換アダプターを別途用意したほうが充電はラクだ。

本体上部。ヘッドフォンジャックとサブマイクがある

本体下部。ストラップホールとマイクがある

本体左側面。microUSB端子、microSDXCカードスロット(128GB)、クレードル接点、SIMカードスロットがある

本体左側面。カメラボタン、ボリュームボタン、電源/スリープボタンがある。ボリュームボタンはやや小さいため、初回は押し間違いする人が多いかも

Xperia Z4と並べてみたところ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン