このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

最新端末を丸裸! スマートフォン定点観測 第139回

Xperia、Galaxy、AQUOS、比較的小型な夏スマホのカメラをチェック!

2015年08月31日 12時00分更新

文● 小林 誠 編集● ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ドコモ夏モデルの中でも片手操作がしやすそうな、やや小さめのスマホであるXperia A4、Galaxy S6、AQUOS EVERを比較しているスマホ定点観測。3回目はカメラをチェックする。カメラの起動時間や撮影間隔を計測、実際に撮影し、インカメラも使いテストを続けた。カメラNo.1はどの機種になるだろうか?

Xperia A4

Galaxy S6

AQUOS EVER

ここまではGalaxy S6、Xperia A4と続くも
AQUOS EVERも健闘する展開

 今回もドコモ「Xperia A4 SO-04G」「Galaxy S6 SC-05G」「AQUOS EVER SH-04G」の3機種を比較しているが、スペックではGalaxy S6が強く(関連記事)、スピードチェックではXperia A4を勝ちと判断した(関連記事)。AQUOS EVERは勝ち星こそないものの、ミドルクラスのスペックを考えると、大健闘でコスパが良い印象だ。

 今回のカメラ比較でどんな差が生まれるのか楽しみ。まずは主な機能、スペックを見てみよう。

  Xperia A4 Galaxy S6 AQUOS EVER
カメラ画素数 2070万画素 1600万画素 1310万画素
F値 2 1.9 2.2
インカメラ 220万画素 500万画素 210万画素
動画と静止画の同時撮影 ×
動画最大サイズ 4K 4K フルHD
シーン設定の有無 × ×
露出補正
ホワイトバランス調整

 Xperia A4が表ではパーフェクト。マニュアルモードでシーン設定も可能とスキなしだ。Galaxy S6もプロモードがあるもののシーン設定は用意されていない。インカメラの画素数が高いのが特徴的だ。

 AQUOS EVERはやはりここでもスペックがちょっと見劣りする印象。ただ大きな影響が出るようにも見えない。果たして実際はどうなのか。まずはカメラの起動時間チェックから。

カメラの起動時間は
Xperia A4、Galaxy S6が早め

 最初の実機検証は、カメラの起動時間テスト。ロック画面からの起動と、ホーム画面からの起動を片手操作で3回ずつ行なう。ただし今回はドコモの3機種ということで、docomo LIVE UXと各機種のメーカー製ホーム画面の場合と、2種類をテスト。表にはdocomo LIVE UXの結果を掲載した。

 なお計測タイムはカメラアイコンを押してから、シャッターボタンやファインダーが表示され撮影可能な状態になるまでの時間。起動の様子は動画で撮影し確認している。カメラの設定は初期状態のままだ。

  Xperia A4 Galaxy S6 AQUOS EVER
カメラ起動速度 1秒47~1秒60
(ロック画面)
1秒17~1秒27
(ロック画面)
2秒17~2秒20
(ロック画面)
0秒87~1秒04
(ホーム画面)
1秒26~1秒30
(ホーム画面)
1秒14~1秒30
(ホーム画面)

 Xperia A4がホーム画面からの起動時間で、Galaxy S6がロック画面からの起動時間でリード。AQUOS EVERはロック画面からの起動はイマイチだが、ホーム画面からの起動は2位につけた。

 前述したようにメーカー製のホームUIに変更して計測もしたのだが、こちらは3機種ともイマイチ。メーカー製のほうが有利だと予想していたのだが、ロック画面ではカメラアイコンの位置や操作の違いで、ちょっと時間がかかるようだ。

 まずXperia A4ではメーカー製ホームの場合、ロック画面からはカメラの起動にスワイプ操作が必要。スムーズではあるものの、アイコンをタッチするだけと異なり、若干タイムをロスし2秒台になることも。

 Galaxy S6もメーカー製のUIではロック画面からはスワイプ操作が必要。これもまた2秒台になることがあある。もっともGalaxy S6の場合、docomo LIVE UXではカメラアイコンが左端にあり、右手の片手操作ではアイコンが遠い。

 AQUOS EVERはロック画面やホーム画面には問題なく、カメラの画面が表示されたとき、画面内のすべてのアイコンが表示されるのに若干時間がかかったり、シャッターボタンは表示されても、ファインダーが開くのが遅いといった、ほんの少しのタイムロスがある。0秒いくつ、という差で競っているのでわずかながら遅れた感じだ。

カメラの撮影間隔ではAQUOS EVERが勝利

 カメラの撮影間隔チェックでは、やはり片手操作で同じ被写体を撮影し、その様子を録画。そこから撮影間隔を計測する。間隔の判断はシャッターを切るアニメーションや画面内の変化を確認して行った。

  Xperia A4 Galaxy S6 AQUOS EVER
カメラ撮影間隔 0秒37~0秒63 0秒43~0秒64 0秒04~0秒50

 AQUOS EVERはシャッターを切ったときのアニメーションがなく、音でも判断しづらい。仕方ないので画面内の撮影すると表示されるプレビューアイコンの変化でタイムを計測したが、この動きにムラがあったので判断しにくい結果に。

 そんなわけでXperia A4、Galaxy S6もサクサク撮れてはいたが、録画画面での確認では差がついた。体感的には3機種とも軽快に撮れてストレスは感じない。

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン