このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

最新端末を丸裸! スマートフォン定点観測 第137回

Xperia、Galaxy、AQUOS、比較的小型な夏スマホを比較!

2015年08月17日 12時00分更新

文● 小林 誠 編集● ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 5型オーバーの大型スマホが標準となりつつあるなか、それでもポツポツと小さめのスマホが投入されている。片手操作の多い人には根強い需要があるだろうし、画面サイズを維持しつつ横幅などは抑えたモデルも登場している。今回からはそんな3台を集めて比較する。

Xperia A4

Galaxy S6

AQUOS EVER

小型スマホのスペックはフラグシップ機と同じ?

 今回は“片手操作がしやすそう”という基準で小さめのスマホを集めた。それがNTTドコモの3機種で「Xperia A4 SO-04G」「Galaxy S6 SC-05G」「AQUOS EVER SH-04G」となる。

 とは言いながら、この3機種の中で画面サイズが5型以下なのはXperia A4のみ。Galaxy S6は5.1型、AQUOS EVERは5型と画面サイズだけなら大型と言える。それでも最近のスマホの中では比較的小型なのだ。

 またGalaxy S6とAQUOS EVERはともに薄型、フレームレスの実績があるシリーズで片手操作はしやすいだろうと考えた。実際に横幅も約71mmだ。そんな3機種の簡単な概要は以下のとおり。

●ドコモ「Xperia A4 SO-04G」
おなじみXperiaシリーズの中でも、ドコモからのみリリースされるコンパクトモデル。高画素カメラ、広角25mmの高性能レンズ、ハイレゾ再生やノイキャン対応の高音質オーディオ、長持ちバッテリーとうたい文句は上位機種と基本的に同じ。

●ドコモ「Galaxy S6 SC-05G」
以前取り上げたGalaxy S6 edgeのスタンダード版。曲面のエッジスクリーンは無いものの、約6.8mmと非常に薄く、オクタコアCPUを搭載するなど、基本スペックはGalaxy S6 edgeと同じなので夏モデル最強クラス。しかし、こちらはドコモからのみのリリースだ。

●ドコモ「AQUOS EVER SH-04G」
“ちょうどいい”使い勝手をうたい、3日間の電池持ちや、軽さ、自撮りに強いカメラが特長。上位モデルのAQUOS ZETAと違いIGZOパネルを採用していないが、それでもスタミナに自信アリ。後述するように主要3キャリアがリリースする端末としては珍しく、ミドルクラスの性能だ。

 主なスペック、対応機能をまとめたのが以下の表だ。

  ドコモ
「Xperia A4
SO-04G」
ドコモ
「Galaxy S6
SC-05G」
ドコモ
「AQUOS EVER
SH-04G」
メーカー ソニーモバイル サムスン電子 シャープ
本体サイズ 約66×128×9.1mm 約71×143×6.8mm 約71×133×9.7mm
重量 約129g 約138g 約139g
画面サイズ 4.6型 5.1型 5型
画面解像度 720×1280ドット 1440×2560ドット 720×1280ドット
OS Android 5.0.2 Android 5.0.2 Android 5.0.2
CPU クアッドコア
2.5GHz
オクタコア
2.1GHz+1.5GHz
クアッドコア
1.2GHz
ROM/RAM 16GB/2GB 32GB/3GB 16GB/2GB
メモリーカード microSDXC(128GB) × microSDHC(32GB)
下り最大通信速度 150Mbps 225Mbps 150Mbps
4G対応周波数 2GHz/1.7GHz
/1.5GHz/800MHz
2GHz/1.7GHz
/1.5GHz/800MHz
/700MHz
2GHz/1.7GHz
/1.5GHz/800MHz
/700MHz(海外のみ)
キャリアアグリゲーション × ×
VoLTE
連続通話時間 990分 930分 960分
無線LAN IEEE802.11ac
(2.4/5GHz対応)
IEEE802.11ac
(2.4/5GHz対応)
IEEE802.11n
(2.4GHz対応)
テザリング
カメラ画素数 2070万画素 1600万画素 1310万画素
インカメラ 220万画素 500万画素 210万画素
防水/防塵 IPX5/
IPX8/IP6X
×/× IPX5/IPX7/
×
ワンセグ連続視聴 9時間50分 7時間40分 ×
フルセグ連続視聴 × × ×
FeliCa
赤外線通信
NFC
Bluetooth 4.0 4.1 4.0
MHL(HDMI) ×
Miracast
SIM形状 nanoSIM nanoSIM nanoSIM
バッテリー容量 2600mAh 2550mAh 2450mAh
Qi × ×
カラバリ Blue、White、Gray、Pink Gold Platinum、White Pearl、Black Sapphire Gold、Pink、White、Black

 単純にスペックだけを見れば、Galaxy S6の勝ち。オクタコアのCPU、3GBメモリー、通信速度はPREMIUM 4Gの下り最大225Mbps、700MHz帯対応と最新のハイスペックモデルらしい。ただし外部メモリーや防水/防塵に非対応と弱点もある。赤外線通信はリモコン操作のみなので△とした。

 一方、Xperia A4、AQUOS EVERはスペックが1世代前という印象。とくにAQUOS EVERは外部メモリの対応がmicroSDHC(最大32GB)、無線LANは2.4GHz帯のみに対応と、まるでMVNOがリリースしているスマホのようだ。ただし、3機種ともVoLTEには対応している。

 もっともXperia A4は防水/防塵に対応し、機能面での弱点はフルセグ非対応くらいと、純粋にフラグシップ級の性能にこだわらなければ快適に使えそうだ。

 AQUOS EVERはCPUのクロック数が低く、防塵やワンセグに非対応。YouTubeをはじめネット動画を見る人には特に気にならないかもしれないが、1つの弱点ではある。

 3機種共通で気になる点はバッテリー容量で、最大でもXperia A4の2600mAh。AQUOS EVERは2450mAh。今後のバッテリーテストの結果などにも注目する必要がありそうだ。

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン