このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

T教授の「戦略的衝動買い」第332回

モバイルHDDにはパスワードロックが必須! 「シンプルPASS BOX 2.5」を衝動買い

2015年05月20日 12時00分更新

文● T教授、撮影● T教授

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
筆者のUSBコレクションの中にはパスワード入力ハードウェアを搭載したモノもあるが、今回はパスワード入力用のテンキーを搭載したSATA規格のHDDケースだ
筆者のUSBコレクションの中にはパスワード入力ハードウェアを搭載したモノもあるが、今回はパスワード入力用のテンキーを搭載したSATA規格のHDDケースだ

 縮小技術が進歩すると、従来なら持って歩けないようなモノも持って行けるようになる。その代表的なテクノロジープロダクトの例は、誰もが知っているUSBメモリーだ。

 そして、スマートフォンやデジカメの進歩とともに、より大容量に、より小さく成長したSDメモリーカードも同様だ。

 21世紀になって最大の変革は、持っていかなくても、スマホやPCさえあれば、どこにいても必要な情報をネットから入手することの可能な時代になったことだ。さまざまな意味で、情報データのポータビリティが加速度的に進化した結果、個人・法人を問わず「機密保持」への対応が極めて複雑、重要なこととなってきた。

 世間の注目度の極めて高いネットは、機密漏洩への対策に関してもすでに多くの施策や対応がなされている。一方、企業内では使用禁止のところも多いUSBメモリーやモバイルHDDの多くは、個人的データの保管メディアとしての位置づけが一般的であり、購入者のコスト意識も高いゆえ、機密管理に対応していない商品が大多数だ。

 筆者が多数コレクションしているUSBメモリー機器でも、ほんの一部の機器のみが“パスワードロック機能”などに対応しているが、数少ないそれらは、あくまで例外的商品だ。

換装後のドライブあまり気味の現代。HDD/SSD用の安価なケースはありがたい 換装後のドライブあまり気味の現代。HDD/SSD用の安価なケースはありがたい

 データ量の多い少ないが機密性の高低を表わすわけではないが、昨今の持ち歩ける超軽量・低価格・大容量のHDDやSSDの存在は、ある面、極めて危険な存在だ。

 そんな大容量HDD用のハードウェアによるパスワード・セキュリティー機能を搭載したHDD/SSDケースが発売されている。商品名は「シンプルPASS BOX 2.5」。USB 3.0とUSB 2.0をサポートするPCのUSBポートに接続する、外付け2.5インチSATA HDD/SSD用の専用ケースだ。

セキュリティーロックがかけられる
HDD/SSD用ケース「シンプルPASS BOX 2.5」

本体、専用ケーブル、取説、訂正、SSD用スペーサーが同梱物だ
本体、専用ケーブル、取説、訂正、SSD用スペーサーが同梱物だ
本体上面にはテンキーが付属。ちょっとペコペコだが「押した感」は感じるので何とか合格だ 本体上面にはテンキーが付属。ちょっとペコペコだが「押した感」は感じるので何とか合格だ

 パッケージを開けると、上面にテンキーを搭載した本体ケースと専用USBケーブル、取説、訂正リーフレット、SSD用スペーサーが出てくる。

 本体ケース上面には、テンキーと「C」(クリアキー)、「E」(エンターキー)、4つのLEDインジケーターがある。

最初は取り外しがメチャ固かったが……だんだんと柔らかくなってきた裏ブタ
最初は取り外しがメチャ固かったが……だんだんと柔らかくなってきた裏ブタ
最初にセットしたのは友人が換装後、余剰となった160GBのSATA HDD 当然、SSDも同様にセットできるが、薄いモデルには同梱のスペーサーが必要だ
最初にセットしたのは友人が換装後、余剰となった160GBのSATA HDD当然、SSDも同様にセットできるが、薄いモデルには同梱のスペーサーが必要だ

 本体ケース背面のカバー部分をスライドさせることで、HDDやSSDを収納するコンパートメントが露出する。筆者は、より大容量のHDDやSSDに換装したために余剰となった160GBのHDDと64GBのSSDを友人から譲り受けたので、その2つを利用することにした。

 当然ながら、同サイズのHDDもSSDも物理的な設置方法やPCによる設定作業はまったく同じだ。最初に行なうのは、ドライブを専用ケースに入れ、専用ケーブル経由でPCのUSBポートに接続し、HDD/SSDを初期化し、PCから物理的な認識を行なわせる作業だ。

次ページへ続く、「やや分かりにくい取説と格闘するも無事ストレージを認識!

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン