このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

3K液晶Quadro 搭載で3D CGやCADを出先で使える「Raytrek QK2100HE」

薄さ20mmでフルHDより2.25倍広いドスパラのRaytrek

2014年11月14日 18時00分更新

文● 高橋量

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

高性能パーツを詰め込んだ快適なモバイルワークステーション

軽量スリムで、持ち運びにもピッタリなのに、3D CGやCADの制作作業をするための要素がすべて揃っている

 高精細な3Kディスプレーに高いグラフィックス性能を持つQuadro K2100M、さらにRAID 0構成で高速なストレージなど、Raytrek QK2100HEには3D CGやCADの制作作業をするための要素がすべて揃っている。しかも軽量スリムで、持ち運びにもピッタリだ。普段の制作作業向けにはもちろん、プレゼンや打ち合わせ用のマシンとしてもおすすめしたい。

試用機の主なスペック
モデル名 Raytrek QK2100HE
CPU Core i7-4710HQ(2.50GHz)
メモリー(最大容量) 8GB(8GB)
ディスプレー 15.6型(2880×1620ドット)
グラフィックス Quadro K2100M(2GB)、インテル HD グラフィックス4600(CPU内蔵)
ストレージ 256GB SSD(128GB SSD×2、RAID 0)+1TB HDD
光学ドライブ
通信機能 無線LAN(IEEE 802.11ac/a/b/g/n)、Bluetooth 4.0+HS、有線LAN(1000BASE-T)
インターフェース USB 3.0端子×3、Thunderbolt(Mini-DisplayPort)端子×1、HDMI端子
カメラ機能 HD画質ウェブカメラ
カードスロット SD/SDHC/SDXC対応メモリーカードスロット
サイズ/重量 約幅390×奥行き266×高さ20mm/約2.0kg
バッテリー駆動時間 約3.3時間
OS Windows 7 Home Premium(64ビット)

■関連サイト

前へ 1 2 3 4 次へ

カテゴリートップへ

関連サイト
コンテンツ