このページの本文へ

最新パーツ性能チェック ― 第168回

約1万円の日本限定GPU「Radeon R7 250XE」はお買い得か?

2014年10月28日 17時53分更新

文● 藤田 忠

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

CPU内蔵GPUと性能を比べてみた

 ここからは、「Radeon R7 250XE」の3D性能をベンチマークでチェックしていこう。テストは「3DMark」、「ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア ベンチマーク キャラクター編」、「モンスターハンター フロンティアベンチマーク 絆」で行なっている。

 各スコアーはCore i7-4790Kが内蔵する「Intel HD Graphics 4600」と比較する。「Radeon R7 250XE」を搭載することでの性能アップ度を見ていこう。

テスト環境
CPU Intel「Core i7-4790K」(4GHz/TB時4.4GHz、4コア/8スレッド)
マザーボード ASRok「Z97 Extreme4」(Intel Z97 Express)
メモリー PC3-12800 8GB×2
グラフィックス Intel HD Graphics 4600(Core i7-4790K内蔵)
AMD Radeon R7 250XE
SSD CFD「CSSD-S6T256NHG5Q」(256GB)
電源ユニット Seasonic「SS-750KM」(750W/80PLUS GOLD)
OS Windows8.1 Pro(64ビット)

 なお、今回AMDから借り受けたサンプルは、ロープロファイルではあるのだが、なぜか2スロットタイプのデュアルファン仕様だった。GPUクロックやメモリー容量などに差はないが、デュアルファン仕様のため消費電力は1スロット、シングルファン仕様の製品よりも少しアップしている可能性もある。

AMDから借り受けたRadeon R7 250XE搭載ビデオカード。発売されていない幻の製品という、レアなカードでもある

 各テストは以下の条件で計測を行なっている。

テスト環境
3DMark プリセット「Ice Storm Extreme」、「Sky Diver」、「Fire Strike」の3つを実行し、「Graphics Score」をまとめた。なお、Ice StormがExtremeなのは各テストの解像度を1920×1080ドットに合わせるためだ。
ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア ベンチマーク キャラクター編 描画設定は「標準品質」と「最高品質」、解像度は1920×1080ドットと1280×720ドットで実施。
モンスターハンター フロンティアベンチマーク 絆 解像度1920×1080ドットと1280×720ドットで実施。
3DMark IceStorm Extreme (単位:score) better→
3DMark SkyDiver (単位:score) better→
3DMark FireStrike (単位:score) better→
ファイナルファンタジーXIV[標準品質/1280×720ドット] (単位:Score) better→
ファイナルファンタジーXIV[標準品質/1920×1080ドット] (単位:Score) better→
ファイナルファンタジーXIV[最高品質/1280×720ドット] (単位:Score) better→
ファイナルファンタジーXIV[最高品質/1920×1080ドット] (単位:Score) better→

→次のページに続く (まだまだ続くベンチマーク! 消費電力は?

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中