このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

都知事選真っ盛り! iPhoneで痩せる真冬の体育祭

自転車に最適なデバイスを駆使して往くライフログ取得生活2

2014年02月08日 12時00分更新

文● 四本淑三

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

転んでも雨が降っても平気な「RFLKT for iPhone」

 iPhoneのアプリを使うと、各センサーから拾ったデータを表示するわけですが、これをどうやってモニターするかが問題です。ロギングして後で使うだけと割り切るのも方法ですが、ケイデンスくらいはリアルタイムでモニターしたいわけです。

Wahoo Fitness謹製アプリ「Wahoo Fitness」。リズム(ケイデンスのことです)、心拍、速度を表示します

 じゃあiPhoneを自転車のハンドルに取り付けるという段になって、転んだり雨に降られたりしたらどうなるのか不安になってきました。この種のアタッチメントも最近の製品あしっかりできているのでしょうが、ちょっと前まではたまに悲劇も聞きましたので、やっぱり不安です。

 もうひとつ問題なのは、GPSでロギングしながら走ると、バッテリーの消耗が激しいことです。どういう使い方をしても、丸一日は持たない。そこでモバイルバッテリーで給電しながら使うことになるのですが、防水用のフォルダーを使うと給電用のケーブルが接続できないわけです。

 そこに登場したのが「Wahoo Fitnessサイクルコンピュータ RFLKT for iPhone」です。サイクルコンピュータという名前は付いているものの、iPhoneのアプリが表示しているデータを転送して、その数字をモニターするだけ。速度、ケイデンス、心拍数など文字情報を表示するだけのモノクロ画面ですが、太陽光線の下ではiPhoneよりも全然見やすいというメリットもあります。

RFLKT for iPhoneのパッケージ内容。本体と取り付け用の各種台座、台座から本体を着脱するための工具などが入ってきます。結構多機能な製品ですが、マニュアルは使用上の諸注意しか書かれておらず「続きはウェブで!」スタイル

この製品の機能がどんなものかは、パッケージ裏のイラストがわかりやすいかもしれません。(たとえば)ポケットに入れたiPhoneのデータを表示するモニターです

各種選べる取り付け用の台座。ハンドル用、ステム用、そして既存の心拍計取り付け台座用のアタッチメント。大きさは41×62×13mm、重さは約34g

裏蓋を開けてみました。電池はCR2450。防水性能はIPX7相当の防水性能を持つそうですが、おそらくこのシーリングのゴム頼り。蓋を閉めると若干隙間が開いた感じになるのが少々不安ですが、果たして

振動の影響が少ないだろうということでステムに取り付けてみました

 表示に対応するアプリは、「Wahoo Fitness」「Cyclemeter GPS サイクリングストップウォッチ」「iMobileIntervals」「iSmoothRun Pro GPS/Pedometer Tracker for Runners」「Runmeter GPS ランニングストップウォッチ」「Walkmeter GPS ウォーキングストップウォッチ」。ただちょっとお高い。日本のフォーカルポイントさんの扱いで、税込価格1万4800円。ただ先のスピード・ケイデンスセンサーとのセット「RFLKT for iPhone + Blue SC for iPhone セット」が1万7800円なので、合わせて買うならこちらがお得です。

 なお、国内発売はされていないようですが、RFLKTの発展版「RFLKT+」※1という製品も存在します。これは現行のiPhoneでは受けられないANT+のレシーバーを内蔵しており、ANT+対応のセンサーの信号を受け、iPhoneへはBluetooth 4.0で送るというニッチですが便利な製品です。Wahoo Fitnessはこの開発のためにkickstarterで資金を集めていましたが、これは需要予測の意味合いもあったのだろうと思われます。

※1 RFLKT+のお値段は129.99ドル。ANT+のセンサーを使っている人は便利なはず。

 次回はこれらを自転車に取り付けた状態で実走してみたいと思います。できれば花粉が飛び始める前に。



著者紹介――四本 淑三(よつもと としみ)

 1963年生れ。フリーライター、武蔵野美術大学デザイン情報学科特別講師。インターネットやデジタル・テクノロジーと音楽の関係をフォロー。趣味は自転車とウクレレ。

前へ 1 2 3 4 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン