このページの本文へ

都知事選真っ盛り! iPhoneで痩せる真冬の体育祭

自転車に最適なデバイスを駆使して往くライフログ取得生活2

2014年02月08日 12時00分更新

文● 四本淑三

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

手軽にケイデンスが測れる「Blue SC for iPhone」

 ケイデンスというのは自転車のペダルの回転数。重いギアに入れると少し回しただけで速度が出るので高効率のように思えますが、身体側には負荷が高いので疲れます。逆に不必要に軽いギアに入れて、あんまり速く回しても、脚が付いて行きません。効率のよいケイデンスは諸説あり、また個人差もあるところですが、1分間に90回転前後がよいと一般的には言われております。

 で、そのペダルの回転数を測るのがケイデンスセンサー。これも昔は有線で、自転車への装着からして面倒だった訳ですが、いまは無線で簡単です。今回はBluetooth 4.0対応の「Wahoo Fitness スピード・ケイデンスセンサー Blue SC for iPhone」を使いました。マグネットをクランクに取り付け、それがセンサーの上を通過することでペダルの回転数をチェックします。お値段税込みで7980円。

Blue SC for iPhoneのパッケージ。センサー本体と取り付け用のゴムバンドとタイラップ、マグネット類が入ってきます

マグネット2種。クランク用(右)とホイールスポーク用(左)

センサーの本体重量は約26g。電源はボタン型電池「CR2032」。アームのように伸びているのが速度センサー、ケイデンスセンサーは本体に内蔵

 このセンサー、商品名通りホイールの回転を検出して走行速度も計測します。GPSでロギングするので、速度センサーはいらないのですが、加速度へのレスポンスはこちらの方が速いので、測っても損はしません。センサーは1.5mまでの防水性能を備えているということで、雨に降られても水しぶきを被っても大丈夫、くらいの感じでしょう。

 センサーの取り付けはリアのチェーンステーにゴムバンドで止め、クランクとホイールスポークにマグネットを取り付けます。クランクにマグネットを取り付ける際、ペダルを外す必要がありますが、面倒なのはそれだけでした。

センサーを取り付けた様子。クランクのマグネットの軌道上に来るようセンサーを取り付けます

速度センサーは、アーム付け根のネジを六角レンチで緩めると角度調整が可能。これええスポークのマグネットとの距離が調整できます

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン