このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

西田 宗千佳のBeyond the Mobile 第115回

「VAIO Pro 11 | red edition」をテスト 外観編

ソニーの本気—Haswell世代でVAIOはどう変わったか?

2013年06月15日 15時30分更新

文● 西田 宗千佳

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

新機軸の「ワイヤレスルーター VGP-WAR100」

 今回の新機種に合わせ、周辺機器として用意されたのが「ワイヤレスルーター VGP-WAR100」だ。ご覧のように小さなWi-Fiルーターで、イーサネットに接続して利用する。これで有線しかない場所(ホテルなど)でもWi-Fiで……ということになるわけだが、それだけなら最近珍しくなくなっている。

 VGP-WAR100が面白いのは、ACアダプターにぴったりとくっつくようになっていることだ。電源はUSBから取るのだが、VAIO Proと新VAIO Duoに付属のACアダプターにはUSBコネクターが用意されていて、ここにこのルーターがくっつけられる。くっつけたまま持ち歩けば、忘れていくこともかさばることもない……という発想なのである。

ACアダプター。小型であるだけでなく、USBコネクターがあるところに注目

ワイヤレスルーター VGP-WAR100。イーサネットをつなぐとWi-Fiルーターになる。電源はUSBから供給。バッテリーは搭載していない

ACアダプターとワイヤレスルーターは、このようにくっつけて運用できる

 もちろん、このルーターはVAIO専用というわけではないので、スマホやタブレットなども無線接続が可能だ。また、ACアダプターのUSBコネクターも、一般的なUSB用充電器と同じ仕様なので、外出時にスマホなどの充電にも使えて便利そうだ。

ファーストインプレションは良好、性能は?

 今回、テストできる範囲のハードウェア仕様として、特筆すべきはディスプレー品質だろう。VAIO Pro 11 | red editionでは、解像度1920×1080ドットのパネルが採用されている。テストしたのはタッチ対応の個体だったが、操作感も問題ない。

 何よりも強い印象を受けたのは、発色の良さだ。IPSパネルになって視野角特性が良くなったこと、高輝度・高色域を謳う「トリルミナスディスプレイ for モバイル」採用となっているが、これはバックライトやその導光板、発色コントロール回路などの合わせ技で実現されているもの。特にビビッドな色に強い記憶色傾向だな、と感じる。消費電力低下にも寄与している、とのことなのだが、その点は今後ベンチマークを含め、改めて検証したい。

 使ってみた感触でいえば、VAIO Pro 11VAIO Pro 11 | red editionは「本気」が見える良い製品だ。次に気になるのは、やはりバッテリー動作時間/発熱/速度といった「内実」に関わる部分だ。これらの点の評価については、テスト可能な機材で確認することとしたいが、少なくともファーストインプレションとしては「上々」である。

バッテリー動作時間/発熱/速度といった「内実」に関わる部分だ。これらの点の評価については、テスト可能な機材で確認することとしたいが、少なくともファーストインプレションとしては「上々」だ

主なスペック
製品名 VAIO Pro 11 | red edition
型番 SVP1121A1J
価格 約18万5000円(ソニーストア価格)
CPU Intel Core i5-4200U(1.6GHz)、Intel Core i7-4500U(1.8GHz)
チップセット
メインメモリー 4GB(最大4GB)
ディスプレー(最大解像度) 11.6型ワイド(1920×1080ドット) IPS液晶、静電式タッチパネル、LEDバックライト、 トリルミナス ディスプレイ for mobile
グラフィックス機能 Intel HD Graphics 4400(CPU内蔵)
ストレージ 256GB SSD(256GB×1)
光学式ドライブ
通信機能 無線LAN(IEEE 802.11a/b/g/n)
インターフェース USB 3.0端子×2、HDMI端子、Bluetooth 4.0+HS、92万画素HDウェブカメラ、NFC機能
カードスロット メモリカードスロット(SD/SDHC/SDXC、UHS (SDR50) )
テレビ機能
サウンド機能 ステレオスピーカー、マイク、ヘッドホン出力
本体サイズ/重量 約幅285×奥行き197×高さ13.2(最厚部17.2)mm/約770〜1170g(バッテリー込み)
バッテリー駆動時間 約10〜約11時間、約21〜約23時間(別売シートバッテリー)
OS Windows 8/Pro(すべて64bit)

■関連サイト

筆者紹介─西田 宗千佳

 1971年福井県生まれ。フリージャーナリスト。得意ジャンルは、パソコン・デジタルAV・家電、そしてネットワーク関連など「電気かデータが流れるもの全般」。主に取材記事と個人向け解説記事を担当。朝日新聞、読売新聞、アエラ、週刊東洋経済、月刊宝島、YOMIURI PC、AVWatch、マイコミジャーナルなどに寄稿するほか、テレビ番組・雑誌などの監修も手がける。

 近著に

などがある。

 最新刊は「これ1冊で完全理解 電子書籍(日経BPパソコンベストムック)」(監修、日経BP)。

前へ 1 2 3 4 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン