このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

西田 宗千佳のBeyond the Mobile第112回

ソニー製タブレットの再始動!

ソニー“3度目の正直”、「Xperia Tablet Z」の完成度を探る

2013年04月01日 11時00分更新

文● 西田 宗千佳

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 今回採り上げるのは、ソニーのタブレット「Xperia Tablet Z SGP312JP」(以下、Xperia Tablet Z)である。

 ソニーのタブレットは、Xperia Tablet Zで第3世代になる。これまでのソニー製タブレットは「ソニー」が開発・販売してきたが、携帯電話を担当するソニーモバイルにバトンタッチした形だ。ただし、それによって「ソニー本体から遠くなった」のではなく、より専門性が高く、経験も豊かなソニーモバイルが開発を担当、そこにソニー本体が協力するという形に体制が変わり、「オールソニーのタブレットになった」とソニー側は主張している。実質的に「ソニー製タブレットの再始動」だ。ソニーの意気込みは、Xperia Tablet Zの出来に反映されているのだろうか。

「Xperia Tablet Z」
主なスペック
製品名 Xperia Tablet Z
型名 SGP312JP
直販価格 5万9800円(ソニーストア価格/2013年3月31日現在)
CPU Qualcomm Snapdragon S4 Pro APQ8064(1.5GHz)
メインメモリー 2GB
ストレージ 32GB
ディスプレー(最大解像度) 10.1型ワイド(1920×1200ドット/WUXGA)、マルチタッチ対応、モバイルブラビアエンジン2
通信機能 無線LAN(IEEE 802.11a/b/g/n)、MHL/DTCP-IP対応
カメラ機能 本体前面:有効画素数220万画素(CMOS Exmor R for mobile)、本体背面:有効画素数810万画素(CMOS Exmor R for mobile)
インターフェース microUSB端子、Bluetooth 4.0
カードスロット microSD/microSDHC/microSDXC(64GB対応)
NFC 対応
センサー GPS、3軸加速度、ジャイロ、デジタルコンパス、照度
防水/防塵 防水IPX5/7、防塵IP5X
テレビ機能
サウンド機能 ステレオスピーカー、マイク、ヘッドホン端子、S-Force フロントサラウンド 3D
本体サイズ/重量 約幅266×奥行き172×高さ6.9(7.2)mm/約495g
バッテリー駆動時間 動画再生時:約10時間、音楽再生時間:約110時間、ウェブ閲覧(Wi-Fi)時:約8.2時間
OS Android 4.1

前へ 1 2 3 4 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン