このページの本文へ

富士見iPhoneクラブ 第78回

これはやっぱりイイモノ! iPhoneクラブがiPad miniを語る

2012年11月13日 17時30分更新

文● iPhoneクラブ製作委員会

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「iPad miniは動画を見るのに便利」の落とし穴!?

カリー 以前から5型のソニーの「Reader」を使ってるんですけど、これはもう軽いし、ポケットにもスッと入るんです。それと比べると、iPad miniはやっぱり違う。

じまP 5型スマホや、「Reader」や「Kindle」などのE Inkの電子書籍リーダーと比べると、300gとはいえ少し重く感じますね。本を持つように親指と人差し指の2本で持つと、特に。

カリー だから、PCで作業しているときに、デュアルモニター的に使うにはいいですよ。こっちでSNSや、資料を広げたりするのにちょうどいい。ただ、iPadもそうなんですが、横画面にするとスピーカーが左右のどっちかになるから、動画を見ているときに気になるんです。まあ、外付けスピーカーを使えばいいんだけど。

ノートPCで仕事しながら、映像をながら見するときとかに便利なわけ(さっさと原稿書けよ)

ニッシー あと、iPad miniに限らず、「タブレットで動画を楽しむ」って話はよくされるけど、日本のiTunes Storeには、あまり動画がないのよね。

カリー サービスと連携してないとコンテンツは意味がないと思うけど、日本ではそこが弱い。iOS向けにも、たとえば「Hulu」はあるけど、あれはあれで日本では完全に海外ドラマが大好きな人向けだし。

ニッシーさんによると「ドコモのジョジョスマホだと『アニメストア』で、アニメ見まくれるんだけど、iPadだと、同じような料金でアニメが揃っている配信サービスがないんだよねえ」とのこと

ニッシー iPad miniで何のコンテンツを入れるかっていうと、1つは動画で、もう1つは電子書籍であると。この2つに関して、アップルは弱いですね。動画は今言った通りだし、電子書籍に関してはKindle頼み? そうするとウェブブラウザーがメインになってしまう。

iPadとiPad mini、どっちを買えばいいの?

じまP ここまでややiPad miniにダメ出しするような形になってしまいましたが、前回も出たように、これを「1台目のタブレット」として買うなら、全然アリなわけですよね。「タブレットを買いたい」という人がいたとしますよね。皆さんはiPadとiPad mini、どっちを勧めますか?

カリー 自分はminiを勧める。理由はね、安いから。それでダメだったら、iPadを買えばいいだけ。

ドロイド それは結局、両方買えってことかいな。

カリー いきなり自分の欲しいものが手に入るというのは甘いんですよ。失敗しないと本当に自分の欲しいものは手に入らないよ(キリッ)。

じまP うっとうしい音楽好きのオヤジみたいですね。「ジャズって何から聴けばいいですか?」って聞いたら、「まずはジャズならなんでもいいから1000枚聞いてから」と返してくるような……。

ニッシー まあ、カリーさんの主張はともかく、安いというのは理由になるよね。軽い、薄いというのと同じで、見た目にわかりやすい違いだし。

じまP 容量は何GBを勧めますか?

カリー 俺は最低でも32GBかなあ。辞書のアプリとか、最新のゲームとか1GB超えたりするじゃない。動画や音楽を入れだすと、なおさら埋まるし。

ドロイド 自分は16GBでいいと思う。PCを持ってるのが前提ですが、とりあえずiPadにせよminiにせよ、そういうタブレットを初めて買う人はどれだけ使いこなせるかわからない。容量に余裕を見すぎて余らすくらいなら、まずは買ってみることが重要。容量が足りなくても、とりあえずPCにデータは同期できるのだし、次に新型を買うときに容量が大きいのを買えばいい。中古の買取価格も買ったときほどは差がつかないよ。お金は大事です。

ニッシー 画面のサイズの違いに関して言うと、7.9型と10型で、それほど感動に差があるとは思えないんだよな。いくら後者がRetinaディスプレイだとしてもね。

ドロイド すでにRetinaディスプレイのiPadを使っている人は、iPad miniにはきっと我慢できないでしょう。でも、そうでない人にはiPad miniの液晶はショボいわけではない。ウェブブラウザーを使うと、もちろん解像度の低さは感じるけど、文字が読みにくいわけでは決してないし、動画コンテンツなどでは決定的な差は感じないです。

結局、iPad miniは買いに走ればいいわけなのですか? どうなのですか

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中