このページの本文へ

富士見iPhoneクラブ第216回

使ってる? iPhoneで辞書を引くのは超カンタン

2014年07月21日 15時00分更新

文● 富士見iPhoneクラブ製作委員会(構成:じまP)

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

富士見iPhoneクラブのメンバーが、iPhoneのちょっとした使いこなしテクを毎回紹介していく。iPhone上級者なら「なにを今さら…」と思うかもしれないが、案外知らなかったり、使っていなかったりするネタもあるかもしれないぞ。

 iPhoneでは、さまざまなものを“調べる”ことができる。iOS標準のアプリに限ってみても、「Safari」で検索、「マップ」で場所、「天気」で気温……など、様々な調べものが可能だ。

 しかし、iPhoneには辞書機能が内蔵されていることはご存知だろうか? 単体のアプリとして用意されているわけでもなければ、「設定」アプリから見られるわけでもないので、意外と存在を知らない人もいるかもしれない。

 とはいえ、使い方は超カンタン。「メモ」やSafariなどのアプリで調べたい文字列を選択し、現れたポップアップメニューから「辞書」を選択するだけだ。コピー/ペーストの要領とまったく同じである。

コピーやペーストするときの要領で、文字列を選択する。「辞書」が見当たらない……という場合もあせらず、ポップアップメニューの右側にある三角形をタップ
「辞書」をタップすればOK。拍子抜けするほどカンタンなのだが、知らない人も少なくないようだ

 なおiOS 7には、三省堂の「スーパー大辞林」と、「ウィズダム英和辞典/和英辞典」が採用されている。画面右下の「Webを検索」をタップすれば、単語をSafariで検索できるのもなかなか便利。

英単語を調べることだってできる。辞書画面の右下にある「Webを検索」をタップすると、単語をSafariで検索することも可能だ

 また、Appleの用語辞典である「Apple Dictionary」が入っているのもポイントだ。古くからのMac党なら思わず懐かしんでしまう様々な用語が登録されているので、暇つぶしに検索してみるのも一興だろう。

Apple関連の用語も調べられる。Macintoshの名機たちなど、調べるだけでも結構な時間が経つかも単語によっては様々な辞書で検索される。なかなか使える機能なのだ

このテクを使っている覆面:カリーさん

 iPhoneの内蔵辞書機能は、アプリにも設定画面にも出てこないし、すぐに使えるわりに意外と知らない人が多いんですよね……。英単語もすぐに調べられるし、Appleの歴史についても詳しく知ることができるので、使っていない人はぜひ活用してみてください!

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中