このページの本文へ

au冬モデルは4G LTE対応スマホ9製品 通信速度も速いぞ!第14回

「最近騒がしい人に初戦は勝った」au田中社長が見せる本気

2012年10月17日 21時22分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

来年春までにLTEの実人口カバー率96%を目指す

 ドコモ、ソフトバンクに続き、auの冬モデル発表会が開催された。プレゼンテーションを行なったのはKDDI代表取締役社長の田中孝司氏。スマホのニューモデルはまとめ記事を読んでいただくとして(関連記事)、ここでは剛力彩芽さんらも来た発表会の様子をレポートしよう。

 今年の1月に打ち出した「スマートパス構想」は加入者も続々と増え、成功したと田中社長。他キャリアからの乗り換え・MNPも12ヵ月連続1位であり、「iPhone 5人気も手伝って“最近騒がしい人”のキャリアと比べて足下の数字を見ると、初戦は勝った」と勝利宣言。数字こそ明確に出さなかったが、ユーザーの増加に自信を見せ、そして今回発表する10機種のうち、8機種を11月2日に同時発売すると発表した。

 本日のテーマは4G LTEだとし、「LTEは世界中ですでに始まっているが、auとしては単純に始めるという簡単なものではない」と語ったあと、3つの本気と題して「エリアの広がり」、「電波のつながり」、「auのこだわり」を明言した。75Mbpsのエリアは来年3月までに実人口カバー率96%をめざし、「全国で75Mbpsを早期実現するとコメントした。」

ソフトバンクの孫社長を意識しつつも、auの優位性を語る田中社長
「iPhone 5は全社一丸となって頑張って売ったので、MNPも増えた」とMNPが好調な理由を分析サプライズとして、春モデルの一部が紹介された。クアッドコアでAndroid 4.1を搭載した超ハイスペックなINFOBARが、来春に登場を控えているようだ

 なお、Windows Phoneについてはノーコメントとしながらも、この冬モデルに入れるのは不可能だったと語り、少なくとも年内の発売はないと断言した。ソフトバンクの米スプリント買収の話になると「お客様はどう考えているか? を大事にしたい。そこに会社のリソースを投入するべき。LTEとか電池の消耗とか課題はいろいろある。お客さんの気持ちから離れると企業はどう動くかわからない。派手なのはいいんだけど、私は性格が地味なもんで(笑)」と最後はしっかりオチを作って会場の笑いを誘った。

「買収の前に、うちはいろいろとやらなければいけないことがある」と、ユーザーの満足度を重視する方針を語った

伊勢谷さん、剛力さん、井川さんが応援!
スマホのニューモデルとLTEのスピードをレビュー!

 発表会の第2部として、auのテレビCMに出演している伊勢谷友介さん、剛力彩芽さん、井川 遥さん登場、あとから田中社長を交えてのトークセッションが開催された。

auのテレビCMに関しては、井川さんは久々の出演だそうで、田中社長から「おかえりなさい」と言われていた

 LTEをアピールした新CMについて剛力さんは「風にあたっている井川さんが綺麗! そして超高速の井川さんを見ることができる」とコメント。それに対し伊勢谷さんは「超高速の井川さんが想像できない(笑)。でも、LTEは本当に速いしエリアが広がったことでネット環境が身近になりましたね」と、実際にLTEを体験した感想を述べた。

 LTEが高速ということで、登壇者4人の速さ自慢についての質問が出た。剛力さんは昔ダンス部だったので、「超高速フリ覚えができる」とのこと。振り付けををすぐに覚えられるそうだ。井川さんは「超高速イヌかき」ができると答え、会場も大笑い。水泳のエクササイズで、今では平泳ぎと同程度のスピードでイヌかきで泳げるという。いつもポジティブシンキングだという伊勢谷さんは「超高速立ち直り」のおかげで、嫌なことがあってもすぐに切り替えられるらしい。そして、田中社長は「超高速昼飯食い」が得意だという。超多忙な人だけあって、お昼ご飯は5分もあれば食べられると語った。

剛力彩芽さん井川 遥さん
伊勢谷友介さん井川さんの魅力にハマっている田中社長

 最後に、LTEのネットワークと冬モデルのスマホについて、どのように使いたいかをたずねられると、剛力さんは「気になったことはすぐに調べるクセがあって、地方に行ったときでもすぐに地元の美味しい店とかを調べられるので、もっと活用したい」、井川さんは「子どもが2人になったので、写真や動画を撮影して家族に送るのもすぐにできるのがうれしい」、伊勢谷さんは「収録の待ち時間などに、ビデオパスで映画を見る。もう待ち時間がエンターテイメントになります」とそれぞれがLTEの活用方法をアピールした。

伊勢谷さんがデザインしたスマホケース。本人の座右の銘である「挫折禁止」という文字がデザインされている「とにかく通信速度が速い! いろいろ調べるときに便利」と剛力さん

 最後に剛力さんがLTEのキャッチコピーについてふられ、「速い、広い、超速い」と即答。田中社長は“速い”が2回も入ってるとしつつも「それくらい速いということ。このキャッチコピーは使わせてもらいます」と、剛力さんに太鼓判を押した。

■関連サイト

カテゴリートップへ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン