このページの本文へ

Hyper-V仮想スイッチをOpenFlowに対応させるソフト提供も

NEC、サーバー・ストレージのWindows Server 2012対応を表明

2012年09月06日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 9月5日、NECは本日正式発表されたマイクロソフトの新サーバーOS「Windows Server 2012」に対し、自社のサーバーやストレージ、ソフトウェアを順次対応させると表明した。

Windows Server 2012への対応スケジュール

 対象は、サーバーが「Express5800シリーズ」、ストレージが「iStorageシリーズ」、ソフトウェアが「WebSAMシリーズ」や「CLUSTERPRO」など。同社によれば、対応に加え、Windows Server 2012に新たに組み込まれた機能との連携による高付加価値ソリューションを提供していくという。

 また、OpenFlow技術に対応し、SDNを実現する「UNIVERGE PFシリーズ」(プログラマブルフロー)に関連して、Windows Server 2012の Hyper-V 仮想スイッチをOpenFlowに対応させる拡張ソフトウェア「UNIVERGE PF1000」を11月より提供する。

 これにより、UNIVERGE PFシリーズのプログラマブルフロー・コントローラ「UNIVERGE PF6800」が、既存の物理スイッチ「UNIVERGE PF5240/5820」に加え、仮想スイッチも制御することが可能に。サーバー仮想環境の柔軟かつきめ細やかな制御を実現できるとしている。

■関連サイト

カテゴリートップへ

ピックアップ