このページの本文へ

NECの独自技術投入のデータベースが機能強化

スケールアウトDB「InfoFrame Relational Store」がHadoop連携

2012年09月27日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 9月26日、NECはビッグデータ活用に適したスケールアウト型データベースソフトウェア「InfoFrame Relational Store」を強化し、「InfoFrame Relational Store V2.1」として11月下旬から出荷開始すると発表した。

 InfoFrame Relational Storeは、NECの北米研究所で開発した独自技術を採用。データの高速処理とKVS(キーバリューストア)によるシステム拡張が柔軟にできる強みを活かしながらRDB(リレーショナル・データベース)と同様の使いやすさを実現するというデータベースだ。

 今回発表されたInfoFrame Relational Store V2.1では、蓄積した大量データを高速に分析や加工できるようHadoopとの連携機能を新たに実装した。加えて、セキュリティ機能を強化しており、RDBと同等のアクセス制限などが可能になる。具体的には、ユーザーの追加や削除、パスワードの設定が可能となるほか、各テーブルに対するアクセス権限の付与・削除を可能とする権限設定機能を提供。これまでKVS製品ではできなかったユーザー認証・アクセス権限を既存システムのアプリケーションと同様に実現するという。

 製品の価格は、最小構成で555万円から。通信・流通・金融をはじめとする幅広い業界の企業やデータセンター事業者などに拡販し、今後3年間で150システムの販売を目指す。

■関連サイト

カテゴリートップへ

  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!