このページの本文へ

縦長になった「GALAXY Note II」 国内での早期投入に期待!

2012年08月30日 03時30分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Samsungは、スタイラスペンによるペン操作と5型ディスプレーとの組み合わせで、スマホの新しいジャンルを作った「GALAXY Note」の後継機、「GALAXY Note II」をエレクトロニクスショー「IFA2012」に合わせて発表した。

日本でもヒット商品となった「GALAXY Note」の後継モデル「GFALAXY Note II」が海外で発表された。OSは最新のAndroid 4.1を搭載して、海外では10月の発売予定だ

 GALAXY Note IIの画面サイズは従来の5.3型から、さらに拡大した5.5型。ただし16:9の縦長画面を採用しており、横幅だけなら80.5mmと従来の83mmより逆に小さくなっているのが特徴的だ。厚みも約9.4mmとさらに薄くなっている(従来モデルは約9.7mm)。このディスプレーはもちろんSamsung自慢の有機EL。「HD Super AMOLED」タイプで画面解像度は720×1280ドットだ。

 CPUは1.6GHz動作のクアッドコア。OSは最新のAndroid 4.1を採用する。カメラは裏面照射型の800万画素CMOSとスペック面にぬかりはない。バッテリーサイズも3100mAhとこれまた大容量化が進んでいる(従来モデルは2500mAh)。スタイラスペンの「Sペン」も進化し、より長く、太くなったほか、エルゴノミクスデザインでより自然な操作が可能という。

縦長になって、より薄くなったGALAXY Note II。ペンの使いやすさも増しているという

 そんなGALAXY Note IIについて、サムスン電子のモバイル部門のトップであるJK・シン氏は「GALAXY Note IIはユーザーの内なるクリエイティビティーの解放を促す」と表現している。

 3G版とLTE版の両方が用意され、カラバリはMarble WhiteとTitanium Grayの2色。ヨーロッパ、アジア、中東の主要なマーケットで10月から発売が開始されるとのこと。

 日本では発売がややずれこんだ従来モデルと異なり、GALAXY Note IIは国内でも早期の登場をぜひ期待したい!

カラバリはMarble WhiteとTitanium Grayの2色。デザイン的には旧GALAXY NoteとGALAXY S IIIのイメージを合わせた感じだ
GALAXY Note IIのイメージ写真
  GALAXY Note II GALAXY Note SC-05D(参考)
ディスプレー 5.5型有機EL
(HD Super AMOLED)
5.3型有機EL
(HD Super AMOLED)
画面解像度 720×1280ドット 800×1280ドット
サイズ 80.5×151.1×9.4mm 83×147×9.7mm
重量 180g 184g
CPU 1.4GHz
(クアッドコア)
APQ8060 1.5GHz
(デュアルコア)
OS Android 4.1 Android 2.3→4.0(予定)
カメラ画素数 リア8メガ/イン1.9メガ リア8メガ/イン1.9メガ
バッテリー容量 3100mAh 2500mAh

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン