このページの本文へ

Samsung、カメラをリボーン Android搭載の「GALAXY Camera」

2012年08月30日 17時30分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Samsungは、エレクトロニクスショーの「IFA2012」に合わせて、Android 4.1搭載のデジタルカメラ「GALAXY Camera」を発表した。

デジカメとスマホが合体した端末が海外で発表。その名も「GALAXY Camera」だ

 “Camera, Reborn.”がキーワードとなっているGALAXY Cameraは、見た目は普通のコンパクトデジカメでありながら、Androidをベースにしたスマートフォンでもある、新しいジャンルの製品と言えるだろう。すでにニコンから発表されている「COOLPIX S800c」が比較的近い存在と言える(関連記事)が、GALAXY Cameraは3Gでの通信機能も持っている(電話機能についてはリリース内で触れられていない)。

 ただし、“GALAXY”ブランドを冠するだけあって、Android端末部分での性能も半端ではない。OSは最新のAndroid 4.1で、CPUは1.4GHz動作のクアッドコアを搭載。ディスプレーは4.8型液晶である。もちろんGoogle Playにも対応しており、ユーザーがアプリを追加したり、Googleのサービスを利用することも可能だ。

 カメラ部分も性能が高い。イメージセンサーは1630万画素の1/ 2.3型裏面照射CMOSセンサーで、21倍光学ズームと光学式手振れ補正機能を持つ。

見た目はGALAXYブランドがついた、ただのデジカメにしか見えない

裏側はAndroidスマホそのまま。ディスプレーも4.8型と大きい。液晶を採用したのは、明るい場所でも見やすいため?

 GALAXY Cameraならではの機能としては、撮影した画像を自動的にクラウド上にバックアップする「Auto Cloud Backup」、また「Share Shot」と呼ばれる機能では、写真を撮影すると同時に、SNSやクラウドサービス、GALAXYシリーズのスマートフォンなどと共有することができる。

 3G+無線LAN、4G+無線LANの2タイプが用意される。発売時期については明言されていない。海外ではデジカメメーカーとしてもすでに認知されているSamsungだけに、GALAXYブランドを身につけ、デジカメ市場に大きなインパクトを与える可能性も考えられる。

「Camera, Reborn.」とはなかなか挑発的なキャッチフレーズである

コンデジとスマホの合体は
もはや歴史の必然と言いますか……

ちょうど1週間前に発表されたニコンの「COOLPIX S800c」。Androidをベースとした、本格的なコンデジというコンセプトは同じだが、Android端末部分がさすがにやや弱め?

同国のライバル(?)であるLG製のドコモ「L-03C」。中身はスマホではなく、iモードケータイである。約1210万画素で光学3倍ズームを搭載。デザインは今見てもなかなか雰囲気がある


■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン