このページの本文へ

写真ですぐわかる「GALAXY Note 10.1」「GALAXY Camera」

2012年11月11日 12時00分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 「GALAXY Note II SC-02E」の発表会「GALAXY Note II WORLD TOUR 2012 TOKYO」関連記事では、同製品のほかに参考出展としてグローバルモデルの2機種、「GALAXY Note 10.1」と「GALAXY Camera」もタッチ&トライに用意されていた。ここでは、その2製品を写真で紹介しよう。なお、日本への導入は「今のところ未定」とのこと。

A4サイズのノートと同等の大きさ「GALAXY Note 10.1」

 その名のとおり、GALAXY Noteの10.1型。もはやGALAXY Tabの10.1型との区別が付かなくなってきそうだが、TabがGALAXY Sの進化型だとしたら、こちらはNoteの進化型と言えるだろう。もちろんSペン対応で、Noteでできることはすべてできる。スペックは、1.4GHz動作のクアッドコアCPUに2GBのメモリー、OSはAndroid 4.0、カメラは500万画素、マルチスクリーン、無線LANはIEEE802.11a/b/g/n、Bluetooth 4.0に対応する。

カラバリは2色。こちらはホワイト

ブラックもシックでなかなかオシャレな雰囲気

各種ボタンなどはすべて上部に集約され、サイドには何もない

ディスプレーの両サイドにステレオスピーカー

もちろん、Sペンを使った機能は健在。GALAXY Note IIとほとんど同じことができる

アドビのタブレットに特化した画像編集アプリ「Photoshop Touch」がプレインストールされているのも特徴

Androidが組み込まれたカメラ「GALAXY Camera」

 なんとAndroid 4.1がそのまま組み込まれたカメラが「GALAXY Camera」。4.8型ディスプレーを搭載し、カメラのレンズは21倍の光学ズームに対応する。CPUには1.4GHz動作のクアッドコアが採用されており、タッチパネルもサクサクだ。通信機能もあり、3GとWi-Fiに対応する。今回触ったモデルにはSNSカメラアプリの「Instagram」もインストールされており、撮影したらそのままシェアできるようだ。

正面から見ると、普通のコンデジのようだ

シャッターやズームスイッチもあるが、タッチパネルからでも撮影できる

21倍ズームは屋外でかなり役立つだろう

microUSB端子から充電する

カメラの機能やアプリはSNSと連動するものが多い

さまざまなシーンに合わせたセッティングをしてくれるので、シャッターを押すだけで綺麗な写真が撮影できる

マニュアルモードだと、一眼レフカメラのようなセッティングができる

これだけ見ると、Androidスマホのようだ。やはりカメラ系のアプリが目立つ


カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン