このページの本文へ

6月末~7月上旬より、Google Playで無料配布

フリービット、IPv6機能内蔵ブラウザ「ServersMan TAB」

2012年06月07日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 6月6日、フリービットはAndroid端末でIPv6を使ったWebサイトのアクセスや表示が可能になるWebブラウザアプリ「ServersMan TAB」の開発を発表した。6月末~7月上旬より、Google Playで無料配布を開始するという。

独自にIPv6機能を持つWebブラウザ「ServersMan TAB」

 ServersMan TABは、IPv4ネットワーク上にIPv6ネットワークを構築する同社の技術「EmotionLink ActiveNode テクノロジー」を搭載。OS(Android)ではなく、Webブラウザが独自にIPv6アドレスを持つことができる。

 そのため、端末に本アプリをインストールし、IDを登録すれば、IPv6サイトの表示が可能となる。IPv4にも対応するため、IPv4/6サイトを1つのWebブラウザで利用可能だ。

■関連サイト

カテゴリートップへ

ピックアップ