このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

日本語対応した「Siri」でオトナの限界に挑む!

2012年03月08日 17時00分更新

文● 林 佑樹(@necamax) 、編集●ハイサイ比嘉

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

読み上げ性能を動画で見てみよう!!

 Siriさんのイントネーションはちょっと変。機械音声そのものだが、ある程度の抑揚があり、メッセージの読み上げ内容はよく分かるし、ちょっとオマヌケなしゃべり方がだんだん癖になってくる。漢字の読み方については、「風呂」を「かぜろ」と読むのが気になったくらいといったところ(動画参照)。移動しながら音声でメッセージ内容を聞く分には何ら問題ないだろう。

 というわけで、長めの文章をしゃべってもらった。

 「今日はド早朝から、Appleの発表をチェックしていた。注目はやっぱり次期iPad。名前が「新しいiPad」でどうするのかなぁと思ったが、第三世代って呼称でいいんじゃないだろうか。それはそうと、風呂蓋はそのまま使えるのかな?」

朝の挨拶から天気、メッセージの確認といった流れを録画してみた。途中長くしゃべっているのは、先に掲載した長めの文章だ

 編集氏がどんな判断をするか不安だが……、過去にも前例があるので許してくれるだろうと、用意したのは以下の文章。

 「黒子!黒子!黒子!黒子ぅぅうううわぁああああああああああああああああああああああん!!! あぁああああ…ああ…あっあっー!あぁああああああ!!!黒子黒子黒子ぅううぁわぁああああ!!! あぁクンカクンカ!クンカクンカ!スーハースーハー!スーハースーハー!いい匂いだなぁ…くんくん んはぁっ!白井黒子たんのツインテールをクンカクンカしたいお!クンカクンカ!あぁあ!! 間違えた!モフモフしたいお!モフモフ!モフモフ!髪髪モフモフ!カリカリモフモフ…きゅんきゅんきゅい!! アップルさん、まじすんません」

※ アップルさん本当に申し訳ありません

メッセージの再生をお願いするところからスタート。発言速度は「メッセージの確認」発言時くらいの速度がちょうどいいと体感している

 発音傾向としては、「AquesTalk/AquesTalk2」や「Microsoft Speech Platform」に対応した読み上げソフト「SofTalk」に近い。「黒子!黒子!黒子!黒子ぅぅうううわぁああああああああああああああああああああああん!!!(略)」の場合、「黒子」の部分は問題なく発音しているが「あああああああああ」はストレートかつ息つぎなしなので、ちょっと怖い感じになってしまっている。また動画上でときおり入る「びっくり」は「!」のあとにスペースがある場合。なんだかかわいい。

気になる点はあるものの、クオリティーは最高

 すでに書いているが、標準設定ではロック状態からでも連絡先がチェックできるままという点だけがいただけない。そのほかは満点かつナイスで、思いつくのは「メールの読み上げにも対応してほしい」、「ナビ機能や渋滞情報はまだかしら」くらい。iPhone 4Sユーザーなら、iOS 5.1にアップデートして日本語版Siriを早速楽しんでほしい。

 実際のところ、ちょっとしたアクションはすべて音声で行なえるため、移動しながらやダラダラしながらのときにとても便利だ。最後に、電話発信は問答無用に発信するので確認するときはご注意を。

筆者紹介――林 佑樹

フリーランスの編集・ライター。ときどきフォトグラファー。 Appleの発表で「新しいiPad」の形状が「iPad 2」とほとんど同じだと知って、まっさきに思ったのは「痛化が楽」だった。

前へ 1 2 3 4 5 次へ

カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中