このページの本文へ

最新スマホが次々登場 Mobile World Congress 2012レポート 第10回

MWCのドコモブースはおサイフケータイの海外進出をアピール

2012年02月28日 21時00分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 バルセロナで開催中のMWC 2011では、NTTドコモもブースを持っている。内容は「CEATEC JAPAN 2011」で展示されていた技術デモが中心だが、目新しい展示もあったので紹介しよう。

FeliCaチップで発生する微弱電流だけで動作する
天気予想ジャケット

 CEATEC JAPAN 2011では、スマートフォンに着脱して、口臭や放射線、体脂肪を測定する「着せ替えセンサジャケット」が展示されていたが、このシリーズで今回は天気予想ジャケット(Weather Sensor)が新たに追加されていた。

FeliCaからの電波だけで動作する天気予想ジャケット

 このセンサーでは気圧/温度/湿度/赤外線の4つのデータが測定でき、その情報をスマートフォン側で分析することで、実際の天気が予想できるというわけだ。

 省電力で測定できることも特徴的で、おサイフケータイに搭載されているFeliCaチップからの電波で発生する、微弱電流だけで動作が可能であるという。データの転送にももちろんFeliCaを用いる。

10分で充電できるジャケット型モバイルバッテリーやGPS内蔵のクレードルなども展示されていた

スペインにもドコモダケが。多くの人がドコモダケを指さしては「ノベルティーはないの?」と聞いていた。せっかくだから用意すればよかったのに……

FeliCa&NFCダブル対応で
おサイフケータイ文化の世界進出を狙う

 ほかにもドコモブースではNFCサービスの世界展開をアピールするパネルも用意されていた。現在FeliCaの機能をケータイに実装するにはセキュリティー用の専用チップが必要だが、FeliCaとNFCの通信自体に互換性を持っているため、NFCチップに前述のセキュリティー用チップへのインターフェイスを用意することで、FeliCaとNFCの両方の機能を持つ端末が作れるわけだ。

2012年末にはFeliCaと同時にNFCに対応する端末をリリースする

 FeliCa/NFC両対応の端末をドコモがリリースすることで、おサイフケータイで経験を積んだ日本の事業者が海外でのサービス展開をしやすい環境が作れるとする。この件については、また別記事で紹介する予定だ。

NECブースには2画面折りたたみスマホも

 なお、冒頭のお天気予想ジャケットはNECのブースでも見られた。というのも、実際にはNECカシオが開発したため。また、ジャケットのみならず、MEDIASブランドのサンプル機も展示されていた。

 グローバル市場を意識したサンプル機は、先日の製品発表会で展示されていたものと同様だが(関連記事)、画面側を折りたたむ2画面スマホ「MEDIAS W」は見た目のインパクトが大きいだけに、多くの来場者の注目を集めていた。

2画面型スマホの「MEDIAS W」。MWCの会場でも異彩を放っていた

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン