このページの本文へ

最新パーツ性能チェック 第120回

SandForce製チップで「Intel SSD 520」は何が変わった?

2012年02月07日 01時01分更新

文● 池座 優里

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「HD Tune Pro 4.60」によるベンチマーク

 次に「HD Tune Pro 4.60」のベンチマーク結果を確認していくことにしよう。「HD Tune Pro 4.60」では、SSDの全容量域でどのように性能が変化するかを確認することができる。

Intel SSD 520「SSDSC2CW240A3K5」

Benchmark(Read)

Benchmark(Write)

Random Access(Read)

Random Access(Write)

File Benchmark

Intel SSD 510「SSDSC2MH250A2ES」

Benchmark(Read)

Benchmark(Write)

Random Access(Read)

Random Access(Write)

File Benchmark

PATRIOT WILDFIRE「PW240GS25SSDR」

Benchmark(Read)

Benchmark(Write)

Random Access(Read)

Random Access(Write)

File Benchmark

 まず、Benchmark Readの結果を確認すると、Intel 520は全容量域で380MB/sec前後の高いスコアを計測。これは、Intel 510より約20MB/sec、WILDFIREとの比較でも約2MB/secとわずかながら上回り、今回テストした中で最も良いスコアだった。

 一方、Benchmark Writeの結果だが、こちらは250MBから400MBで大きく波打っており安定していない。これまでの経験上、SandForce製コントローラーでは比較的よく見るグラフ形状だが、WILDFIREではブレが大幅に縮小されていることから、可能であればIntel 520でもファームウェアのアップデートなどでぜひ改善してほしい。

 次にRandom Accessの結果だが、SandForce製コントローラーが得意とするテストということで、Readで最大8,600IOPS、Writeで最大20,600IOPSを計測。どちらもIntel 510を大きく上回った。

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中