このページの本文へ

最新パーツ性能チェック 第120回

SandForce製チップで「Intel SSD 520」は何が変わった?

2012年02月07日 01時01分更新

文● 池座 優里

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ベンチマークテストで「Intel SSD 520」の性能を確認

 スペックとコントローラーの確認が終わった所で、ここからはベンチマークテストにてIntel SSD 520シリーズの性能をチェックしていくことにしよう。テストに使用したのは前述の通り、リテールパッケージ版の240GBモデル「SSDSC2CW240A3K5」(以下Intel 520)だ。

今回のレビューで使用するIntel SSD 520シリーズの240GBモデル「SSDSC2CW240A3K5」

 さらに、比較対象用として、Intel SSD 510シリーズの250GBモデル「SSDSCMH250A2K5」(以下Intel 510)と、SandForce製「SF-2281」搭載したPatriot WILDFIREの240GBモデル「PW240GS25SSDR」(以下WILDFIRE)を用意した。特にWILDFIREは、SandForce製「SF-2281」搭載SSDのなかでも、高速な製品として知られていることから、Intel 520の性能を測るにはちょうどいいだろう。

「Intel SSD 510」の250GBモデル「SSDSCMH250A2K5」

Patriot「WILDFIRE」の240GBモデル「PW240GS25SSDR」

「SSDSCMH250A2K5」のステータス

「PW240GS25SSDR」のステータス

比較SSDスペック表
製品名 Intel 520 240GB
(SSDSC2CW240A3K5)
Intel 510 250GB
(SSDSC2MH250A2ES)
PATRIOT WILDFIRE 240GB
(PW240GS25SSDR)
容量 240GB 250GB 240GB
シーケンシャル
リード
550MB/sec 500MB/sec 550MB/sec
シーケンシャル
ライト
520MB/sec 315MB/sec 520MB/sec
ランダムリード 5万IOPS 2万IOPS 記載なし
ランダムライト 8万IOPS 8000IOPS 8万5000IOPS
インターフェース SATA3.0(6Gbps)

 ベンチマークソフトは、「AS SSD Benchmark 1.6.4067.64354」、「CrystalDiskMark 3.0.1b」、「HD Tune Pro 4.60」、「ATTO Disk Benchmark v2.47」の4種類を用意。
 テスト方法はOS、ドライバ、ベンチマークのみをインストールしたシステム用のHDDを別途用意し、SSDには何もデータを入れない状態で実行した。さらに、ベンチマークテスト中は余計な負荷をかけないために、ネットワークケーブルは抜いた状態で測定を行なっている。
 また、テスト用のマザーボードにはIntel Z68 Expressを搭載したGIGABYTE「GA-Z68XP-UD3R-B3」を使い、システムHDD、テストSSDともSATA3.0(6Gbps)ポートに接続している。

テスト環境
CPU Intel 「Core i7-2600K」(3.40GHz)
マザーボード GIGABYTE「GA-Z68XP-UD3R-B3」(Intel Z68 Express)
メモリ CORSAIR「CMX4GX3M2A1600C9」(2GB×2枚)
HDD Seagate「ST3500418AS」(SATA2 500GB)
電源 Corsair「CMPSU-750HX」(750W)
OS Microsoft「Windows 7 Ultimate SP1」64bit版

「AS SSD Benchmark 1.6.4067.64354」で
データ圧縮率による性能の違いをチェック

 SandForce製コントローラーでは、データを圧縮して転送を高速化するため、データの圧縮率によって転送速度に違いが出てしまう。そこでまずは「AS SSD Benchmark 1.6.4067.64354」のCompression Benchmarkを使って、データの圧縮率の違いがどの程度転送速度に影響を与えるのか確認しておきたい。

Intel SSD 520 240GB

Intel SSD 510 250GB

PATRIOT WILDFIRE 240GB

 まず、リード性能(緑の折れ線)だが、こちらは0%付近で425MB/sec前後まで落ち込んでいる以外は、全域において約500MB/secと安定したグラフとなっている。この結果からIntel 520はリードに関しては、データの圧縮率にほとんど関係なく高速な転送速度が期待できそうだ。

 一方、ライト性能(赤の折れ線)は、圧縮率によって300MB/secから490MB/secまでスコアが変化しており、SandForce製コントローラーらしい挙動を示している。とはいえ、最低速度の300MB/secでもIntel 510のライト性能と同等の性能を実現しているのはさすがといったところ。また、WILDFIREとの比較ではリード、ライトとも確実に上回っている点も注目に値する。

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中