このページの本文へ

始めよう! モバイルルーターで24時間どこでもネット生活 第2回

「Xi」vs「WiMAX」の速度対決! 都内でベンチマーク実施

2012年01月24日 12時00分更新

文● 井上繁樹

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

趣都・秋葉原駅ではWiMAXが最高速度を達成!

 やはり、ASCII.jp的にはこの駅は絶対に外せないだろう。お待ちかねの秋葉原駅の山手線ホームで計測した。数々の電波が飛び交うこの駅は、どの端末も苦戦を強いられるだろうと思っていたが……、結果はL-09Cが1.3Mbps。そしてなんと、URoad-8000が10.6Mbpsという数字を叩き出した! URoad-8000は、今回の測定ツアーで唯一の10Mbps越えを記録している。秋葉原でネットをするならWiMAXが向いているということか。

 なお、秋葉原ではiPod touchのGoogleマップが、位置情報をなかなか取得できないトラブルに見舞われた。念のため、一緒に持っていったノートパソコン(GPS非搭載)で確認してみると、位置情報を難なく取得できたうえ、その後はiPod touchでも位置情報を取得できた。たまたま起きた現象なのかもしれないが、なぜ秋葉原だけ?

ASCII.jpとも密接な関係にある秋葉原。ここに来る人のほとんどが通信機器を使っているだろうから、速度的には一番厳しい場所と思われたが……

計測場所はこの辺

秋葉原駅ではL-09Cがまさかの下り1.3Mbps。たまたまこの日にこの数字になっただけだと信じたい。もしくは休日だから? URoad-8000はついに本気を出したのか、下り10.6Mbpsと最高速度を記録した

平日になるとWiMAXがやや厳しい

休日では屈辱の速度を記録してしまったL09-Cが、平日だと下り4.1Mbpsに。とはいえ、L-09Cの実力はこんなもんじゃないはず! そして、URoad-8000が1.0Mbps。最高速度を記録した、あの勢いはどこへ行った!? もしかして、平日はビジネスマンが使いまくっている?

池袋駅ではXiが好調だったものの……

 最後にやってきたのは、埼玉県民の玄関口でもある池袋駅。ビックカメラやヤマダ電機などの家電量販店が軒を連ねているので、秋葉原ほどではないが、家電系の買い物客で賑わっている。また、東京のランドマーク、超高層ビルのサンシャイン60もあり、観光客も多い。そんな中、山手線池袋駅ホームで計測してみたのだが、L-09Cが下り7.0Mbpsとかなりの速度を出したのに対し、URoad-8000は0.3Mbpsという数字だった。

 実は、URoad-8000は数字が出るまで2度ほど計測に失敗している。あまり池袋駅と相性が良くないのかもしれない。だが、改札を出て測定してみると、L-09Cが下り2.7Mbps、URoad-8000が下り5.6Mbpsと逆転した。改札の中と外で速度が逆転するのは品川駅と同じ結果だ。品川駅同様、数多くの路線が池袋駅に入ってくるからだろうか。

利用者数、駅前の量販店の充実ぶりでは新宿や渋谷にひけを取らない池袋駅。今回のベンチマークツアーの終点だった

計測場所はこの辺

池袋駅ホームではL-09Cが下り7.0Mbpsとなかなかのスピードを発揮した。それに対し、URoad-8000はなんと最低記録である下り256Kbpsになってしまった

あまりにもURoad-8000が遅かったので、改札を出て再び計測した。結果はご覧の通り、L-09Cを逆転した。L-09Cが2.7Mbpsと速度がかなり落ちてしまったが、URoad-8000は5.6Mbpsと本来の速度を取り戻した

平日なると逆転したが速度はあまり出ず

休日はそこそこのスピードを見せたL-09Cが、なんと下り1.0Mbpsになってしまった。平日のほうが利用者が多いのだろうか? URoad-8000は下り2.6MbpsとL-09Cには勝ったものの、この速度はちょっと残念だ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン