このページの本文へ

始めよう! モバイルルーターで24時間どこでもネット生活 第2回

「Xi」vs「WiMAX」の速度対決! 都内でベンチマーク実施

2012年01月24日 12時00分更新

文● 井上繁樹

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

まずは新宿駅! Xi対WiMAXの初戦は引き分け

 最初に計測したのは、山手線新宿駅のホーム。世界でも有数の利用客を誇る駅なだけに、通信速度はかなり落ちるのではないか、という予測を立てていた。だが、新宿駅に着くまでの移動中に試しに計測したところ、L-09Cが15Mbps近く出したこともあって、期待に胸をふくらませながら測定開始。

 結果はL-09Cが下り5.8Mbpsで、URoad-8000が下り4.3Mbpsだった。決して遅くはないのだが、期待したほどではなかった。やはり、当初の予測どおり、利用者が多いせいだろう。

西口は家電やパソコンなど、東口はデパートや百貨店など、買い物の目的がハッキリ分かれる新宿駅。いつでも人が多いので回線速度が心配

計測場所はこの辺

新宿駅ではL-09Cが下り5.8Mbps、URoad-8000が下りで4.3MbpsでL-09C側に軍配が上がったが、誤差の範囲と言える。ただ、上りはちょっと差が付いている

平日の新宿駅では、Xiが圧勝

平日の新宿駅ではL-09Cが下り5.0Mbps、URoad-8000が下りで1.9Mbpsと、なぜかWiMAX回線が極端にスピードダウン。URoad-8000側は平日のほうが利用者が多いようだ

若者が多く集まる渋谷駅でも引き分けに

 次に計測したのは渋谷駅山手線ホーム。ここも利用客がとんでもなく多い駅だが、ネット系のベンチャー企業が集まる街ということで、ちょっと期待した。結果はL-09Cが下り5.1MbpsでURoad-8000が下り5.0Mbpsと、新宿駅と大差ない数字が出た。とはいえ、L-09Cが若干速度が落ちているのに対し、URoad-8000が新宿駅より高い数字を出しているのが興味深い。

若者の街、渋谷。だが最近ではITベンチャーが事務所を構えたり、キャリアが発表会をやったりと、デジタル度が増している

計測場所はこの辺

渋谷駅では両方とも下り約5Mbpsでほぼ同じだが、上りは1.2MbpsだったUroad-8000側に軍配が上がった。渋谷駅では速度差はあまりないようだ

平日の渋谷駅はWiMAXがやや苦しい

L-09Cは下り5.8Mbpsと休日とほぼ大差なし。URoad-8000は新宿と同じく下り2.2Mbpsと大幅になってしまった

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン