このページの本文へ

最新技術の実験場「石狩データセンター」のすべて 第1回

さくらインターネットのクラウドサービスが11月15日スタート

国内最大級の石狩DCで「さくらのクラウド」スタートへ

2011年11月09日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 11月8日、さくらインターネットはサーバーやネットワークを自在に構築できるパブリッククラウドサービス「さくらのクラウド」を発表した。国内最大級の大規模データセンターである石狩データセンターが開所する11月15日に、さくらのクラウドもスタートとなる。

「さくらのクラウド」はスイッチとケーブルを自分で配線するようにネットワークを組めるなど直感的な操作が可能なコントロールパネルを用意する

 さくらのクラウドは、「高性能なサーバー」と「拡張性の高いネットワーク」をインターネット上で構築できるという、IaaS型パブリッククラウドで、“開発者志向のシンプルクラウド”をコンセプトとする。

 「何の変哲もないクラウドを圧倒的なコストパフォーマンスで提供する」ことを目標として、高性能なサーバーと拡張性の高いネットワーク、そして低価格であることをクラウドが備えるべき価値と位置付け、従量課金のない明朗会計な料金体系を用意したという。また、あたかもサーバーが手元にあり、ネットワークを自分で配線するような直感的な操作が可能なコントロールパネルを用意する。

 サーバーは、仮想1コア・メモリ2GBの「プラン1」から、仮想12コア・メモリ128GBの「プラン13」までのラインナップを用意。サーバー台数を増やすスケールアウトだけでなく、サーバースペックを増やすスケールアップにも対応しており、サーバーのパフォーマンス不足をプラン変更だけで解決できる。インターネット回線の料金もサーバーに含まれており、トラフィック課金(従量課金)は行なわない。

サーバーの価格

 標準提供のインターネット回線は、他のユーザーとネットワークセグメントが共有となる。これは、ルーターを設置して追加IPアドレスを利用することで、グローバル側のネットワークを専用セグメントにできる。また、ローカル側にもスイッチを複数設置できるため、より安全で柔軟なネットワーク構成を実現できるとしている。

 この場合の月額料金(税込)は、スイッチが5250円、ルーター+スイッチが1万500円、追加IPv4アドレスが16個で3360円、32個で6720円となる。

カテゴリートップへ

この連載の記事
ピックアップ