このページの本文へ

この秋に買いたいミラーレス一眼3番勝負! 第3回

趣味撮りで買いたい2機種 リコー GXR Vs PENTAX Q

2011年09月07日 12時00分更新

文● 周防克弥

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

意外に優秀なPENTAX Qの高感度撮影

レンズがF1.2と明るいため、かなり大きく重い。GXRとの組み合わせでもかなりフロントヘビーになる

レンズがF1.2と明るいため、かなり大きく重い。GXRとの組み合わせでもかなりフロントヘビーになる

結構大きいが見た目はいい感じ。フォクトレンダーに限らずオールド系レンズ全般が似合いそうだ

結構大きいが見た目はいい感じ。フォクトレンダーに限らずオールド系レンズ全般が似合いそうだ

 GXR MOUNT A12は、ISO 100からISO 3200までの感度設定ができる。なお、本機にはレンズが付属していないため、今回はコシナが取り扱っているフォクトレンダーの「NOKTON 35mm F1.2 Asphericak VM II」(13万5000円)を使ってみた。

GXR MOUNT A12の感度別撮影サンプル

ISO 100

ISO 100

ISO 200

ISO 200

ISO 400

ISO 400

ISO 800

ISO 800

ISO 1600

ISO 1600

ISO 3200

ISO 3200

 ISO 400からノイズがわずかに発生し始めて、ISO 800あたりから目立ち始める。最高感度のISO 3200でもノイズは少し目立つ程度で実用の範囲内だが、ディテールが若干崩れ始める。

 一方のPENTAX Qの感度設定はISO 125からISO 6400まで。センサーサイズが小さいので苦手かと思えた高感度撮影だが、意外にも高画質であった。

PENTAX Qの感度別撮影サンプル

ISO 125

ISO 125

ISO 200

ISO 200

ISO 400

ISO 400

ISO 800

ISO 800

ISO 1600

ISO 1600

ISO 3200

ISO 3200

ISO 6400

ISO 6400

 ノイズはISO 800から出始め、ISO 1600からは徐々に目立ち始める。最高感度のISO 6400ではかなりノイズが発生しているが、思ったよりもディテールが残っている。コンデジの中でもかなり高画質だ。

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン