このページの本文へ

リコー「GXR」に光学3.5倍&APS-Cセンサーのカメラユニット

2012年02月02日 16時24分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「RICOH LENS A16 24-85mm F3.5-5.5」 「RICOH LENS A16 24-85mm F3.5-5.5」

 リコーから、ユニット交換式デジタルカメラ「GXR」用のカメラユニット「RICOH LENS A16 24-85mm F3.5-5.5」が発表された。3月下旬発売の予定でカメラユニットのみの予想実売価格は6万円前後となる。GXR本体とのセット販売も予定しているが価格は未定。

 光学3.5倍ズームレンズを搭載したカメラユニットで、撮像素子にはAPS-CサイズのCMOSセンサー(1620万画素)を採用。9枚羽根の円形絞りにより、きれいなボケ味を表現できる。

「GXR」本体に装着したところ 「GXR」本体に装着したところ

 画像処理エンジンには「Smooth Imaging Engine IV」を採用。ハイライトでの白飛び、暗所での黒つぶれを軽減する「ダイナミックレンジ補正」や、ISO感度の異なる3枚の写真を連写し保存する「ISOブラケット」機能を搭載。感度はISO 3200まで設定可能で、感度の間隔についても1/3EVと1EVで選べるようになっている。

 撮影後もシャッターボタン半押し状態を続けることで、フォーカスや露出、ホワイトバランスなどの設定を維持したまま撮影できる「撮影条件維持機能」を搭載。従来はRAW撮影の際にJPEGファイルも一緒に記録されたが、新機種ではRAWデータのみを記録できるようになった。

 このほか、白飛び警告表示のオン/オフが可能になり、電子水準器ではアオリ方向の傾きも検知できるようになった。

 画像処理機能では、写真をユニークな色味に仕上げる「クロスプロセス」や、よりコントラストを強調した「ハイコントラスト白黒」など5種類のシーンモードが利用できる。そのほか、著作権情報の登録が可能になり、スリープおよびオートパワーオフの時間を1分単位で任意に指定できるようになった。

オプションとして、レンズフード「LH-2」(希望小売価格2835円)と自動開閉式レンズキャップ「LC-3」(同2100円)も用意

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン