このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

西田 宗千佳のBeyond the Mobile第73回

GPU内蔵ドックで新生! 新VAIO Zをフォトレビュー

2011年07月05日 10時05分更新

文● 西田 宗千佳

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ソニー「VAIO Z」の新モデル、通称「Z2」がいよいよ発表された。パワフルなCPUに独立GPU、13型クラスのサイズ、という特徴はそのままに、より「尖った」製品へと姿を変えている。

 今回はZ2について、試作機によるファーストインプレッションをお伝えしたい。あくまで試作機なので、恒例のバッテリーベンチマークや放熱計測はしていないが、本製品の「特別さ」はおわかりいただけると思う。なお、スペック等の詳細についてはこちらのニュース記事を参照していただきたい。

新VAIO Z。今回試用したのは店頭販売モデル「VPCZ219HJ/B」の試作機

薄型特化で復活

 そもそもVAIO Zシリーズは、13型クラスのボディーに高性能なCPUと、光学ドライブを搭載した「1台ですべてに対応できるモバイルPC」といった位置づけの製品であった(関連記事)。今回のZ2も、基本的な路線は変わらない。だが、VAIOのモバイルモデル全体としての位置づけが変化したことにより、Z2は前モデルに比べ著しく変わっている。

 もっとも大きな違いは「薄さ」だ。一見してわかるように、Z2はとにかく薄い。「全体が一様に薄い板のような構造」というモチーフは、Zシリーズというよりは「VAIO X」シリーズに見られるものだ。Z2の厚みは約16.65mmで、Xシリーズの13.9mmと比較しても、3mm程度の違いしかない。

本体前面。完全にフラットな構造になっている。中央にはメモリースティックDuoスロットとSDメモリーカードスロットがある

本体背面。ヒンジをカバーするためのアルミバーに覆われている

本体左側面。左からアナログRGB出力、排気口、セキュリティーロック

本体右側面。左からヘッドホン兼マイク、有線LAN、HDMI出力、USB 2.0、USB 3.0(Power Media Dock兼用)、電源コネクター

前へ 1 2 3 4 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン