このページの本文へ

未発売の「GALAXY Tab 10.1」がなぜかアキバで販売中!

2011年05月26日 11時00分更新

文● 樋口

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 全世界で未だ発売されていないはずのAndroid 3.0(Honeycomb)搭載タブレット端末「GALAXY Tab 10.1」が、Jan-gle秋葉原本店に入荷されていた。

「Galaxy Tab 10.1 Limited Edition」
Android 3.0搭載タブレット端末「Galaxy Tab 10.1 Limited Edition」。10.1型(1280×800)ディスプレーは光沢仕様となる

 「GALAXY Tab 10.1」は、今年2月のMobile World Congressで展示、3月に正式発表されたサムスン電子の新型タブレット端末。未だに正式な発売日すら発表されていなはずなのだが、そこは秋葉原である。「Galaxy Tab 10.1 Limited Edition」というネーミングで販売されているのだ。

 販売を確認したJan-gle秋葉原本店によると「Googleが5月に開催した開発者向けイベント『Google I/O』にてサムスンが参加者向けに配布したという限定モデル」とのこと。もちろん限定なので流通していないはずなのだが、なんと「オークションで落札した」(Jan-gle秋葉原本店)というから驚きである。

ドロイド君 限定モデル
裏面には「Galaxy Tab 10.1 Limited Edition」限定のドロイド君が印刷されていたGoogleが5月に開催した開発者向けイベント『Google I/O』にて配布された限定モデルだ

 主なスペック等は、発表記事に詳しいのでそちらを参照していただきたいが、簡単におさらいしておくと以下の通り。クロック周波数1GHzのデュアルコアCPUを搭載するほか、6800mAhの内蔵バッテリー、メインストレージ用に32GBのフラッシュメモリーを採用。通信機能に無線LAN(IEEE 802.11 a/b/g/n)、Bluetoothを搭載。

 その他、300万画素のリアカメラと200万画素のフロントカメラを内蔵し、Android 3.0をベースにサムスン独自のUIである「Samsung TouchWiz UX」を採用する。なお、今回のモデルは3G通信には非対応のWi-Fi限定モデルで、保証は初期不良対応で1週間とのこと。価格は11万9800円だ。

インターフェイス
本体下部に専用コネクター。上部にはイヤフォンコネクター、カメラ、音量、電源スイッチが並ぶ

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン