このページの本文へ

アキバでゲットだ! 国内未投入の「GALAXY Tab 8.9」登場

2011年10月15日 11時30分更新

文● 樋口

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 「GALAXY Tab」のミドルサイズモデル「GALAXY Tab 8.9」がJan-gle秋葉原本店にて販売中だ。

日本未発売モデルの8.9型GALAXY Tab「GALAXY Tab 8.9」

 GALAXY Tab 8.9は今年3月に「GALAXY Tab 10.1」と同時に発表されたタブレット端末。名前の通り8.9型(1280×800ドット)ディスプレーを搭載するが、現在日本では発売が予定されていない国内未投入モデルとなる。

 サイズは幅157.8×奥行き8.6×高さ230.9mm、重量は453g。GALAXY Tab 10.1と「GALAXY Tab」の中間サイズになっている。7型のGALAXY Tabでは表示領域が物足りないと感じている人には丁度いい大きさなのかもしれない。

比較してみる。写真上が「GALAXY Tab 8.9」、下は「GALAXY Tab 10.1」だ
背面はラバーコーティングが施されており、片手で持った際にはすべり止めの効果も

 クロック周波数1GHzのデュアルコアCPUを採用し、ストレージ領域に16GBのフラッシュメモリーを搭載するほか、無線LAN(IEEE 802.11b/g/n)、Bluetooth(3.0)、3G通信をサポートする。ただし、国内での使用の可否は不明など、サイズ以外の点でGALAXY Tab 10.1とよく似た仕様となる。価格は5万9800円だ。

インターフェース類は側面にある。専用通信コネクターや電源スイッチ、音量調節ボタン、イヤフォンジャック、SIMカードスロットなどが並ぶ

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン