このページの本文へ

GALAXY Tab 10.1をノートPC風に使えるキーボード付きカバー

2011年11月05日 11時30分更新

文● 樋口

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 GALAXY Tab 10.1専用となるキーボード一体型カバー「キーボード内蔵アルミケース for Galaxy Tab10.1」がサンコーより発売された。

Bluetooth接続のワイヤレスキーボードが一体になったGALAXY Tab 10.1専用ハードカバー「キーボード内蔵アルミケース for Galaxy Tab10.1」
筐体はアルミ製。国内で販売されているモデルは背面が白なので写真のようなデザインにはならないので注意キーボード上部の黒い溝へGALAXY Tab 10.1を立てかけて使用する

 本製品は、Bluetooth接続のワイヤレスキーボードを内蔵したGALAXY Tab 10.1専用カバー。GALAXY Tab 10.1を立てかけててノートパソコン風に文字入力ができるほか、収納時はディスプレー部分を保護するハードケースとして使える。

 以前、iPad 2専用の製品を紹介したが、今回はそのGALAXY Tab 10.1専用モデルとなる。従来モデルにはなかったキーボードの角度調節が可能な「チルトアップスタンド」を備えるなどの違いもある。

背面部分はシンプルなデザイン。今回からキーボードの角度調節が可能な「チルトアップスタンド」備える
側面部分にはペアリングボタンと電源スイッチ、充電用のUSBコネクターを搭載する写真左がiPad 2専用、右はGALAXY Tab 10.1専用。本製品の方が横に長いことがわかる

 Bluetoothは3.0に対応。英語キー配列採用で、キーピッチは17mm。電源はケースに内蔵されたリチウムイオンバッテリーを使用し、充電は付属のUSBケーブルを利用する。フル充電までは約4~5時間かかり、連続使用時間は約55時間、待機時間は約60日となる。

 サイズは幅260×奥行き180×高さ15mm、重量は314g。価格は5980円でサンコーレアモノショップ秋葉原総本店にて販売中だ。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン