このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

TECLOSION 2011 Spring 基調講演レポート

愛されるウェブサービスの作り方──Evernote CEOが伝授

2011年04月18日 09時00分更新

文● 盛田諒/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
Evernote CEOのフィル・リービン氏

 言わずと知れたソーシャルクリッピングサービス「Evernote」関連記事)。ユーザー数は全世界で約850万人(日本人はうち約238万人)とまだ小粒だが、この1年で急成長したウェブサービスとして、いま注目を集めている。

 同社CEOのフィル・リービン氏が、15日に開催された、ITベンチャーイベント「TECLOSION 2011 Spring」関連サイト)に登壇。自社のビジネスモデルについて話した。Evernoteは彼が起業した3番目の会社だが、それまでの2つとは比べものにならないほどの成功を収めている。


最高の製品が勝つ時代

 ステージを左に右にと歩きながら、「新しいテクノロジー製品をつくるとき、いまはもっともいいタイミングだ」と彼は話した。「Evernoteが成功したのも、タイミングがいちばんよかったからだ」と言い、一枚のスライドを映した。

定説にあえて異論を唱えるリービン氏

 「最高の製品がいつも勝つとは限らない」(The Best Product Doesn't Always Win.)

 これはいわゆるアメリカ西海岸ベンチャーの決まり文句で、彼自身もその言葉に従ってきたという。だが、彼は標語に大きく×をつけて、きっぱりと言った。「ノー」と。

 「5年前とは違う。いまは最高の製品さえつくれば成功できる」

前へ 1 2 3 4 次へ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ