このページの本文へ

画像から文字認識し、検索できる

内田洋行、Evernoteと連携できる電子ホワイトボード開発

2011年04月20日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 4月19日、内田洋行はクラウドを活用した“ウチダ・ビジネス・クラウドサービス”(仮称)の構想を発表。その第一弾として、ホワイトボードに書き込んだ手書き文字を“検索可能な文字情報”に変換できるOAボード「書撮りくんEN」を開発した。「Evernote」と連携する機能を持つ。

中央が内田洋行の柏原社長とEvernoteのフィル・リービン氏

 書撮りくんENに接続した、Androidタブレットのアイコンを押すと、板書した画像がEvernoteに自動アップロードされる。この画像は同時に、クラウド型のデジタル化サービス「O-RID-KYBER」(開発元:オーリッド)を利用して文字認識されるため、検索が可能となる。また、過去の板書情報はクラウド上に格納されているため、携帯端末などで参照したり、必要に応じて印刷し直すこともできる。

利用イメージ(左)とAndroidタブレット(右)

 内田洋行はオーリッドで共同でAndroidタブレット用ソフトや、画像をテキストデータ化する際の連携機能などを開発した。会議などの情報共有や再利用、プレゼンテーションツールとして有効だとしている。

 製品の販売は6月20日に開始する予定(β版は5月10日から提供開始)。価格はOAボード、Androidタブレット、ソフトなどを含めて30~40万円程度になる見込み。文字認識など、クラウドサービスの利用には別途月額使用料が発生し、3年リースの場合月額1万円程度の料金になるという。

■関連サイト

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ