このページの本文へ

「スマートフォンパック」は月額7000円から

IDCフロンティア、海外も見据えたスマホ向けクラウド

2011年04月11日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 4月8日、IDCフロンティアはスマートフォン向けに提供されるアプリやWebサービスを対象に、クラウドサービスとCDN(コンテンツ配信ネットワーク)をパッケージ化したサービス「スマートフォンパック」を発表した。

「スマートフォンパック」では、全コースでネットワークの帯域保証付き

 これは、IDCフロンティアのパブリック型クラウドサービス「NOAHプラットフォームサービス(NOAH)」をベースに、スケールアウトが即時に可能な予備サーバーを備え、あらかじめサーバーをスタンバイしておくことでアクセス増にも即座に対応可能なサービス。

 ネットワークは帯域保証が可能で、さらに突発的なアクセスによるトラフィック上昇に備え、最大1Gbpsのトラフィックバーストへの対応。また、米国のCDN事業者ライムライト・ネットワークスの「Limelight DELIVER」など各種CDNサービスが利用可能となっており、海外に向けて大容量Webコンテンツを安定して高速に配信できるとしている。

サーバー料金

 料金は、ネットワーク料金とサーバー(仮想マシン)料金の2本立て。ネットワーク料金は、30Mbps帯域保証の「Small」は無料、300Mbps帯域保証の「Gold」が47万2500円など。サーバー料金は、1vCPU、40GBディスク、512MBメモリで1万5750円など。

カテゴリートップへ

  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!