このページの本文へ

今すぐ買いたい液晶モニター 第6回

今すぐ買いたい液晶モニター【番外編(BenQ XL2410T)】

2010年12月15日 12時00分更新

文● 石井 英男

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

スタンドも高機能でピボットや高さ調整に対応

 スタンドも高機能で、下5度、上20度のチルト調整のほか、ピボット(画面回転)機能や高さ調整機能も備えている。ピボット機能によって縦画面で利用できるので、縦表示のシューティングゲームも画面一杯に楽しめる。高さ調整の範囲も130ミリと広いので、設置場所の自由度が高く、使い勝手がよい。また、スタンドのネック部分にスイーベル機能が組み込まれており、左右に45度ずつ回転できるようになっている。
 スタンドの台座部分は、中央が凹んでいるので、3D Visionのトランスミッターや3Dメガネ、ドライバーなどを置いておくのに便利だ。また、ネック部分にはフックが用意されており、ディスプレイケーブルや電源ケーブルをひっかけて整理できるので、前面から見た外観もすっきりする。

最低画面高さは約118ミリ

ピボット機能を備えており、縦画面での利用が可能なので、縦シューティングも大画面で楽しめる

高さ調整も可能で、高さ調整の範囲も約130ミリと広い

スタンドの台座部分は、中央が凹んでいるので、3D Visionのトランスミッターや3Dメガネ、ドライバーなどを置いておける

高さを上げれば、500mlのペットボトルを置いても余裕がある

ディスプレイケーブルや電源ケーブルは、ネック部分のフックにひっかけて整理できる

画面サイズを切り替えられるディスプレイモード機能やPBP機能を搭載

 OSDや入力切り替えなどの操作は、本体下部に用意されている5つのボタンで行なう。OSD表示は、日本語を含む17ヵ国語に対応しており、日本語フォントも美しく見やすい。

OSDや入力切り替えなどの操作は、本体下部にある5つのボタンで行なう。タッチスイッチではないので、確実な操作が可能

OSD表示が日本語で、フォントも美しく見やすい。FPSモードが用意されているのは、ゲーマー向け製品らしい。ダイナミックコントラスト機能やPBPの設定も行なえる

高速応答技術「AMA」の有効/無効の切り替えが可能

 FPSゲーム向きの設定である“FPSモード”が用意されているのも、XL2410Tならではだ。FPSモードでは、暗部での敵の視認性を上げるために、ガンマ設定を最適化しており、遠くにいる敵も素早く見つけられる。
 また、17インチや19インチ、19インチワイド、22インチワイド相当のサイズで画面表示が可能なディスプレイモード機能の搭載も特筆できる。この機能を利用することで、大会で使われる液晶モニターと同じ画面サイズで練習できるので、上位入賞を狙うゲーマーにとっては非常にありがたい機能だ。
 そして、2つの映像ソースを並べて同時に表示できるPBP(ピクチャー・バイ・ピクチャー)機能も便利だ。PBP表示が可能な入力信号の組み合わせは、HDMI/DVIまたはHDMI/VGAであり、例えば、ゲームをプレイしながら、そのゲームの攻略サイトをチェックするといったことも可能だ。

デモモードでは、右半分がFPSモードON、左半分が標準状態での表示が可能。FPSモードONでは、暗部が明るく補正されており、敵を見つけやすくなっている

17インチや19インチ、19インチワイド、22インチワイド相当のサイズで画面表示が可能なディスプレイモード機能が搭載されていることも特徴だ。大会で使われる液晶モニターと同じサイズで練習できるので、液晶モニターを複数用意する必要がなくなる

2つの映像ソースを並べて同時に表示できるPBP(ピクチャー・バイ・ピクチャー)機能も搭載。ゲームをしながら、攻略サイトをチェックするにも便利だ

 NVIDIA 3D Visionに対応しているので、3D立体視での画質もチェックしてみたが、応答速度が高速なためか、クロストークが少なく、くっきりとして見やすい印象を受けた。第5回で紹介したNVIDIA 3D Vision対応の2製品と比べても、3D立体視での画質はXL2410Tが上回っている。
 工場出荷時状態でのWindowsデスクトップ表示時の消費電力は32Wで、このサイズの液晶モニターとしては標準的だ。

NVIDIA 3D Visionにも対応。第5回で紹介した他のNVIDIA 3D Vision対応液晶モニターよりも、3D立体視での画質が高く、くっきりして見やすい印象を受けた

(次ページへ続く)

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中