このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

この冬はPCで「バトルフィールド 3」を堪能しよう!第3回

「バトルフィールド 3」で勝つためのゲーミング液晶「XL2420T」

2011年12月29日 11時00分更新

文● 佐藤ポン

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 これまでPCで「バトルフィールド 3」をプレイする良さを語ってきた。しかしPCでゲームをプレイするには液晶ディスプレーが必要になる。もちろん、リビングの大画面テレビなどにPCを繋いでプレイすることもできるが、せっかくならゲーム専用の液晶ディスプレーを揃えたいところだ。

 そう思っていたところ、ちょうどいいタイミングで、24型ワイド液晶ディスプレー「XL2420T」がBenQから登場した。この液晶は元プロゲーマーが開発に参加しているFPSに特化した液晶ディスプレーで、オンライン対戦などにおいて、他人に差をつけられるであろう機能を数多く搭載している。ここでは登場したばかりのこの製品を検証し、「バトルフィールド 3」でどれだけの恩恵があるかを調べてみよう。

BenQの24型ワイド液晶ディスプレー「XL2420T」。12月中旬発売予定で、メーカー想定売価は4万4800円前後

 ところでPCのディスプレーを購入するときは、なにを重視して選ぶだろうか? ディスプレーはPCの映像を映し出すだけの機械なのに、価格やデザイン、入力端子、評判などなど、考えなければならない要素は意外と多い周辺機器。CPUやHDDだったら「価格=性能」がすべてなので選ぶのは簡単だけど、ディスプレーはそうはいかない。

 常にPCデスクの上にドーンと置かれているモノなのでデザインは重要だし、持っているハードウェアによって必要な入力端子の数は異なる。もちろん、高い金額を払えば業務用の高級ディスプレーを入手できるけど、プロのデザイナーでない限りは、そこまで色にこだわる必要もないハズ。

 一部のPCユーザーには「色マニア」のような人はいるけど、「Adobe RGBカバー率」とか言われてもサッパリわからない人のほうが多いのが現状。かくいうワタクシも一介のゲーム好きライターなので、色のコトはよくわからない。「見てキレイならばキレイ」くらいにしか思わないのである。それに最近は、わざわざディスプレーで色の調整をしなくても、ビデオカードの環境設定でガンマや彩度の変更ができるしね!

デザイナーならまだしも、実際の色とディスプレーに表示される色をキャリブレーションして、しっかりと調整しているゲーマーは少ないはず。ゲームは架空の設定が多いので、実際の色を調べようがないという側面(というか言い訳)もある

 では、ディスプレーを選ぶときにもっとも重要視しているのはなにか? 筆者の場合はデザインと解像度、そして入力端子の種類。おそらく多くの読者も同じではないだろうか? どんなに高級なディスプレーでも、本体の素材が安っぽいプラスチックだったり、無意味にベゼルが幅広だったりしたら、PCデスクの上に置きたくない。部屋のインテリアデザインが損なわれてしまうからだ。いくら映りがよくても、デザインがかっこ悪いディスプレーは持っていて楽しくない……。これらは最低条件として、加えて性能がよかったら文句ナシだ。

 かなり前置きが長くなってしまったが、そんなワタクシのような人間に最適のディスプレーが、今回紹介するBenQの「XL2420T」だ。同社のフラッグシップに位置するディスプレーで、ゲームをプレイするために生まれた製品である。
 数ある液晶ディスプレーから1機種を選び出すには、デザインが与える第一印象は大きい。その点、この製品は落ち着いたデザインで万人にオススメできる。ベゼルの幅は上下左右共に約18mm。さらに、スタンドも横幅32cm程度と小さく、設置スペースを取らないことも評価に値する。

台座のボタンなどを押すことなく、簡単に130mmの高さ調整ができ、左右35度のスイーベル機能も有する
チルト角度はマイナス5度から20度まで
ピボット(縦回転)機能も搭載しているので、縦スクロールシューティングゲームなども全画面でプレイできる
主なスペック表
サイズ 24型ワイド LEDバックライト
解像度 1920x1080ドット
画素ピッチ 0.276mm
輝度 350cd/m2
コントラスト比 1000:1 (DCR 1200万:1)
応答速度 5ms (GTG 2ms)
視野角 170度/160度 ※コントラスト比10の場合
消費電力 最大45W/エコモード30W
外形寸法 571.4(W)×516.9(D)×149.9(H)mm
重量 約6.1kg

 どーですかっ! 充実した入出力端子とリフレッシュレート120Hz駆動の液晶パネルは、まさにゲームファンのために開発されたディスプレー。HDMI端子がふたつもついているので、PCだけでなくPS3やXbox 360などのゲーム機や、HDDレコーダーなども接続可能。Macintoshなどで採用されているDisplayPortがついているのもポイント。

入力端子は、HDMI ver1.4×2、D-sub15ピン×1、DVI-D(DualLink対応)×1、DisplayPort×1と豊富に用意されているベゼル左側面にUSB端子×2とヘッドフォン端子を装備
台座の背面にヘッドフォンスタンドを備えている防塵用の専用カバーも付属している

 さらにBenQ独自の高速応答テクノロジー「AMA(Advanced Motion Accelerator)」機能をオンにすると、中間階調域(Gray to Gray)では2msの高速応答速度を実現してくれる。動きの速いゲームはもちろん、スポーツ番組やアクション映画などを観るときにも効果はテキメンだ。BenQは「ゲーミングディスプレー」として売り出しているが、「エンターテイメントディスプレー」と名乗ってもよさそうな逸品なのだ。

高速応答技術「AMA(Advanced Motion Accelerator)」を採用。BenQによると、動画再生の際、ゴーストやラグの無い滑らかで美しい映像を実感できるという

前へ 1 2 3 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中