このページの本文へ

BenQ「XL2410T」

プロゲーマーが開発協力したBenQ製3D液晶が発売

2010年11月26日 23時26分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 製品開発に世界的に有名な元プロゲーマーらが協力したというBenQ製の23.6型ワイド液晶ディスプレイ「XL2410T」の販売が今日から始まった。

「XL2410T」
製品開発に世界的に有名な元プロゲーマーらが協力したというBenQ製の23.6型ワイド液晶ディスプレイ「XL2410T」。いよいよアキバのショップでも販売が始まった

 本製品は、LEDバックライトを採用したフルHD(1920×1080)液晶ディスプレイ。「NVIDIA 3D Vision」に対応しているため、「NVIDIA 3D Vision」を用意すれば3D対応ゲームをプレイできる。
 世界的に有名な元プロゲーマーAbdisamad“SpawN”Mohamed氏と、Emil“HeatoN”Christensen氏の開発協力を得て、「FPSモード」や「ユーザーモード」といった画質調整モードを搭載するのも特徴だ。
 また、640×480、800×600、1024×768ドットといった低解像度時でも120Hz表示が可能なほか、17インチ、19インチ、19インチワイド、22インチワイドのサイズにもディスプレイモードを固定できる。スタンド部は130mmの高さ調整と、本体を90°回転させて縦長にするピボット機能を備えている。

「FPSモード」 画質調整モードとして「FPSモード」を備える。これは世界的に有名な元プロゲーマーAbdisamad“SpawN”Mohamed氏と、Emil“HeatoN”Christensen氏の開発協力を得て実現したものだ

 サイズは570(W)×347.4(H)×181.3(D)mmで、重量は約6.37kg。その他のスペックは輝度300cd/m2、コントラスト比1000:1(DCR 1000万:1)、応答速度5ms(GTG 2ms)、視野角度170°/160°。外部インターフェイスはHDMI1.3×1、D-Sub15pin×1、DualLink DVI-D×1。消費電力は最大40W、標準33W、エコモード時28W。
 価格は3万9800円で、ツクモパソコン本店やツクモDOS/Vパソコン館で販売中だ。

インターフェイス 外部インターフェイスはHDMI1.3×1、D-Sub15pin×1、DualLink DVI-D×1。スタンド部は130mmの高さ調整と本体を90°回転させるピボット機能を備える

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中