このページの本文へ

KORG iMS-20はアプリじゃない、プロ用の楽器だ! 【前編】

2010年11月20日 12時00分更新

文● 四本淑三

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

外部入力は使えないが、ESPはただのダミーではない

―― ひとつ気になっていたんですが、ESP(External Signal Processor)にF-V Converter(周波数を電圧に変換するモジュール)がありますけど、これはiMS-20でも動作しているんですか?

中島 もちろんMS-20と同じ回路は入っているんですけど、実際にはExternal Signalの部分に、外部から入力できるわけではありません。

パッチセクション最下段の横一列がExternal Signal Processor

―― じゃあダミー?

中島 いいえ。たとえばSignal OutからESPに入力して、その出力をパッチングに使うようなことはできます。

―― たとえばモジュレーションで揺れているピッチを、そのまま電圧に変換して取り出すような。

中島 そうですね。そういう使い方はできます。

―― 昔はここにギターを挿して、ギターシンセもどきとして遊んだものですが。たとえばiPadにはマイクが付いているんで、それを拾うようなことはできませんか?

佐藤 それは当然僕も言っていました。ギターを挿したいですからね。でも外部入力を拾うって技術的にも仕様的にも厄介で……。

「外部入力を拾うって大変なんですよ」(佐藤さん)

―― オーディオI/O経由でギターが刺せたら、フィルターも含めてエフェクターみたいにも使えるじゃないですか。

佐藤 それがMS-20の特徴でもありましたからね。

―― ではバージョンアップの際にはぜひご検討ください。

岡宮 なんかインタビューじゃなくて要望になってますけど。

―― おっと、失礼しました。

佐野 いや、でも四本さんがiPadを買うだけの魅力があったんですよね。決め手はなんだったんですか。今までかたくなにiPadを拒んでいたじゃないですか。

―― あれ、逆質問ですか。iELECTRIBE以外に用途がないのに、(買うのは)無駄じゃないですか。

佐野 逆に、それなのに買っちゃったというのは、大英断ですよね。iMS-20の話を最初に聞いたときにどうしましたか?

―― まあ、すぐアプリは買いますよね。それからオリジナルの取説をダウンロードしてやれることを考えるわけですよ。

オリジナルのMS-20のオーナーズマニュアルは、メーカーサイトからダウンロードできる。iMS-20ユーザーは必携!

佐野 そこからiPad購入に至った決め手は何ですか。

―― SQ-10とダブルで並んでいる画面のインパクトかなあ。あれはすごいですよね。触りたくなるというか、マットな塗装に指紋が付きそうというか。

福田 画面のデザインには力を入れましたからね。iPadの画面に、どうやってMS-20と一緒にSQ-10を押し込もうかと。

佐野 なにしろSQ-10はステップ数も増えてますからね。

福田 SQ-10は12ステップだったんですよ。

「SQ-10は12ステップだったんですよ」(福田さん)

―― え?

佐野 あらっ。あらあらあら、ご存じない? いけませんねえ。はいはいはい、御覧くださいね、ここが書きどころですよ! ほらほら!

岡宮 プロモーションビデオもわざと12ステップ目で止まっているところを写してるんですよ。

佐野さん出演のプロモーションビデオ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン