このページの本文へ

SUPER GTに痛車が参戦! 初音ミク×GSRポルシェ密着レポート 第38回

アっと驚くミクポルシェ! 最終戦もてぎの予選を2位で制す

2010年10月24日 02時30分更新

文● 末岡大祐/ASCII.jp編集部 ●撮影/鉄谷康博、加藤智充、編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

岩手のスター、その名に嘘偽りなし!

 そしてファイナルセッション、ステアリングを託されたのはササキングこと佐々木選手だ。だがアウトラップでいきなり異変が起こった。路面温度が下がってきたせいか、#74 カローラアクシオがグリップを失ってコースアウト。すぐに赤旗中断となってしまった。カローラアクシオがピットに戻ってきた時点で再びコースイン(予選再開)したが、走行時間がかなり減ってしまい、わずか6分でアタックしなければならないという非常に苦しい戦いとなってしまった。

 6分ということは1周約2分としても、3周しか走れない。そのうちアタックできるのはほぼ1周のみだ。ファイナルセッションに残っていた#26 タイサンポルシェがギアトラブルで出走できなくなったため、最低でも9番手グリッドには付ける。無理せずにタイヤを労る作戦か? と思いきや、岩手のスターはまるで違った。なんとそのたった1周で「1'54.301」を叩き出し、いきなり2位に躍り出たのだった。これにはファンもチームも、そしてプレスルームの面々も大いに沸いた。1位の#3 ハセミトミカZには惜しくも「0.115秒」だけ届かなかったが、堂々の2位である。

 このときの心境を佐々木選手に聞いた。

佐々木選手 「今シーズン、僕がルーキーだったこともあって、ずっとチームの足を引っ張り続けてたじゃないですか。自分としても良いパフォーマンスを発揮できてなかったのが悔しかったんです。だから『ここで一発行ってやろう』と思って。番場選手が4位でセッション2を通過したのでプレッシャーはあったんですが、思ったよりも乗れてて。1位に届かなかったのが悔しいですけどね(笑)。タイヤ? 特にタイヤを限界まで使う走りはしていないので、明日も普通に持つと思いますよ」

 まさに有言実行の男、である。確かにシーズン最初は番場選手と比較して、劣っていた部分はあったかもしれない。しかし、スーパー耐久で頂点を取ったマシン適応能力の高さで、メキメキと成長し、今やタイムもパフォーマンスも番場選手に並んでいる。現に、セッション3のベストタイムは、セッション2の番場選手を上回っている。決して足を引っ張っていないということは、これまで見てきたファンのみんなが一番よく分かっているだろう。

 この最終戦はほとんどのクルマがハンデを下ろされ、ノーウェイトで戦うガチンコバトル。そんな中、2kgとはいえウェイトハンデ(セパン戦に出場しなかったため)を積んだミクポルシェがもてぎに刻んだ2位という成績は、決勝だけでなく今後の未来を予感させるに十分すぎる結果だ。

 決勝はすべてのチームが本気で走る大激戦。2位だからといって、簡単に表彰台に上れるほどSUPER GTは甘いレースではない。しかし、この日のパフォーマンスを見せられて、期待するなというほうが無理な話だ。

 明日はASCII.jpのミクポルシェ応援シートが設置されるし、もてぎに来られない方には松戸のグッドスマイルカフェ(関連記事)でパブリックビューイングが開催される。未来へ続く2010年のラストランをその目に焼き付け、そして全力で応援してほしい!

(次のページへ続く)

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ