このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

日立独自の新開発「スリムブロックLEDパネル」を搭載 “録画テレビ”の機能も◎

噂の新Woooは「S-LED」搭載 日立「L42-ZP05」を直撃レビュー

2010年09月21日 11時00分更新

文● 鳥居一豊、ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
Wooo
話題の高画質液晶テレビ「Wooo ZP05シリーズ」の話を聞きつけ、ライターの鳥居一豊氏と一緒に押しかけ取材を敢行! 左が今回お話をうかがった日立コンシューマエレクトロニクス マーケティング事業部 マーケティング本部 商品戦略企画部 部長代理の鈴木宏幸氏
Wooo
L42-ZP05(10月下旬発売予定)

 現在液晶テレビにおけるトレンドとなっているのが、バックライトにLEDを用いる製品だ。しかし、先日発表されたばかりの日立の新製品、「<S-LED> Wooo ZP05シリーズ」では、そのコンセプトをさらに進めた新開発「S-LED」を搭載。「スリムブロック型」と呼ばれる新しいLEDバックライトを採用し、これまでの液晶テレビでは表現が難しかった“深みのある黒”を実現したという。

 果たしてこれはどんな製品なのか!? ASCII.jp編集部ではライターの鳥居一豊氏とともに直撃取材。実際に製品企画を担当した日立コンシューマエレクトロニクスの鈴木氏から高画質の秘密を聞き出した!

「S-LED」が液晶テレビにもたらした
“黒”の凄みに驚いた

 大画面テレビを購入する際にユーザーが一番重要視しているのは、やはり「画質のよさ」だという。そんな中、日立がWoooシリーズの頂点として用意した「ZP05シリーズ」は新開発の「S-LED」を搭載する。

 この「S-LED」とはなんだろう? 名前からわかるとおり、「S-LED」はLEDバックライトを採用した液晶パネルのことだが、一般的に知られる「直下型」「エッジ型」のどちらとも異なるまったく新しい方式である「スリムブロック型」のLEDバックライトを採用している。

Wooo 「S-LED」の特徴を端的に表わしているのが、この内部構造のイメージ写真だ。バックライトを小さなブロックに分割し、それぞれ独立してエリアごとに光をコントロールする構造により、高コントラストを実現している

 詳しい仕組みは次ページで解説するが、「S-LED」で目指したところについて鈴木氏は「液晶で本物の黒を再現できるテレビを作ること」とストレートに言う。実際にL42-ZP05が映し出す映像を見た筆者自身も、まず最初に引き締まった黒に驚かされた。

 「LEDバックライトが採用されるようになり、液晶テレビが高画質化する可能性はぐっと高まりました。しかも『S-LED』は高コントラストだけでなく、今まで液晶が苦手としていた暗部表現を大幅に向上しました」(鈴木氏)。日立独自の方式を新開発してまで追求した“高画質”へのこだわりに単純に驚かされた。

前へ 1 2 3 4 5 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン