このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

ASCII.jp編集部のわがままユーザーも納得 驚きの画質と多機能!

今注目すべきLEDテレビは、S-LED搭載「Wooo ZP05シリーズ」

2010年11月22日 11時00分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
Wooo

「L42-ZP05」の実力をチェックすべく、AV評論家の折原氏(右)とASCII.jp編集部員が集結

 現在液晶テレビは高画質/高機能化が急速に進んでいる上、今年度一杯で終了するエコポイントという要素もあり、新製品への注目度が非常に高まっている。そんな液晶テレビの中でも、この秋に驚きを持って迎えられた新製品が「<S-LED> Wooo ZP05シリーズ」である。

 デジタル機器にこだわりを持ち、一家言を持つASCII.jp編集部の面々も、このZP05シリーズには興味津々である。そこで今回はZP05シリーズの中でも42V型の「L42-ZP05」をピックアップし、どの部分に注目しているのか、またどういう部分が実際に魅力的なのか、AV評論家である折原一也氏に指南役になってもらいつつ、詳しく見ていく。

L42-ZP05の最大の魅力は、“黒”の表現と
動画解像度1080本の滑らかな映像

 個々の技術を解説する前に、まずはL42-ZP05の注目すべきポイントについて簡単に紹介しておきたい。

 日立Woooの最上位モデルとして位置づけられるZP05シリーズの最大の特徴が、「S-LED(スリムブロックLEDパネル)」だ。「S-LED」は“LED”という表現からもわかるようにバックライトにLEDを用いているが、独自の「スリムブロック型」の技術を採用。ブロック単位でバックライトをコントロールすることにより、これまでの液晶テレビでは難しかったレベルの“黒”の表現力を手に入れた

これは「S-LED」の内部構造のイメージ写真。ブロック単位で光をコントロールしている「S-LED」の特徴がわかる ※実際の画面には表示されません

 もうひとつの特徴が従来の液晶テレビにつきものだった残像感がしっかり抑えられたキレのある映像。動画解像度の高さは前述のスリムブロック型の特徴と「バックライトスキャニング」という技術が深く関わってくるのだが、これについても後ほど詳しく解説する。

 このように大変高画質な液晶テレビであるL42-ZP05を購入する上で、今はまさにチャンスの時期でもある。理由は読者の皆さんもご存じであろうエコポイントの存在だ。詳細は本記事の最後のコラムに掲載したが、エコポイントがフルで付与されるのは11月一杯。もしすでに購入を決めているのであれば、今すぐ販売店に向かうのが吉である。

デジタル機器通のASCII.jpスタッフにとっても
L42-ZP05は注目したくなるポイントが多数

 さて実際にL42-ZP05の解説に入る前に、折原氏とASCII.jp編集部の2名には自己紹介とともにL42-ZP05の注目ポイントについて聞いた。

液晶テレビの指南役
折原一也氏

薄型テレビの専門家として画質を厳しくチェック。よく見る映像ジャンルはもっぱら映画なので、L42-ZP05に搭載した「S-LED」のバックライトがどれだけ画面内のコントラストを拡大させているのか、液晶テレビの今後の画質ポテンシャルを占う上でも注目している。

ASCII.jp編集部のわがままユーザー
その1 編集長 美和

仕事が一段落した帰宅後に映画を見るのが数少ない楽しみ。映画を見るのにも高い表現力を持っているというL42-ZP05は発表以来とにかく期待の1台。ただ実際に購入するとなると、奥さんや家族の意見も考慮する必要があり、録画機能や操作性についてもチェックしたい。

ASCII.jp編集部のわがままユーザー
その2 岡本

映画も見るが、一番好きなのは断然スポーツ。F1やサッカーから、野球、NFL、格闘技までプロスポーツなら、BSやCSを駆使してなんでもチェック。激しい動きでの動画解像度や、たくさんの番組を録画する際の使い勝手などの部分で、L42-ZP05の性能の高さは気になっていた。



(次ページに続く)



前へ 1 2 3 4 5 次へ

カテゴリートップへ

アスキー・ビジネスセレクション

プレミアム実機レビュー

ピックアップ

電撃モバイルNEO バナー

デジタル用語辞典

ASCII.jp RSS2.0 配信中